猫の足あとによる飯能市の寺院、神社、観光名所など飯能市の寺社案内 猫の足あとによる飯能市の寺院、神社、観光名所など飯能市の寺社案内
猫の足あと

願成寺。飯能市川寺にある真言宗智山派寺院

願成寺の概要

真言宗智山派寺院の願成寺は、仏寿山宝幢院と号します。願成寺は、希西法師が貞治4年(1365)に創建、火災により寛政5年(1793)当地へ移転したといいます。

願成寺
願成寺の概要
山号 仏寿山
院号 宝幢院
寺号 願成寺
本尊 阿弥陀如来像
住所 飯能市川寺688
宗派 真言宗智山派
葬儀・墓地 -
備考 -



願成寺の縁起

願成寺は、希西法師が貞治4年(1365)に創建、火災により寛政5年(1793)当地へ移転したといいます。

新編武蔵風土記稿による願成寺の縁起

(川寺村)願成寺
佛壽山寶幢院と號す、新義眞言宗、横見郡今泉村金剛院の末なり、本尊彌陀を安ず、前代のこと詳ならず、寛政六年十二月廿六日化せし覺譽を、中興開山とす、慶安年中阿彌陀堂領二石の御朱印あり。
山王社(新編武蔵風土記稿より)

飯能市史資料編による願成寺の縁起

貞治4年(1365)8月希西法師により創立。200年ほど前までは、現在地より西南130mほどのところにあったが、火災のため焼失し、寛政5年(1793)に現在地に再建した。再興は東空禅師という。(飯能市史資料編より)


願成寺の周辺図




埼玉県の霊園

花園むさしの浄苑