猫の足あとによる飯能市の寺院、神社、観光名所など飯能市の寺社案内 猫の足あとによる飯能市の寺院、神社、観光名所など飯能市の寺社案内
猫の足あと

秀常寺。飯能市双柳にある真言宗智山派寺院、高麗三十三ヶ所霊場

秀常寺の概要

真言宗智山派寺院の秀常寺は、雙柳山三光院と号します。創建年代は不詳ですが、僧秀傳(元文元年1736年寂)により中興されたと伝えられます。慶安2年(1649)に地蔵堂領として3石の御朱印状を拝領しています。高麗三十三ヶ所霊場8番です。

秀常寺
秀常寺の概要
山号 雙柳山
院号 三光院
寺号 秀常寺
本尊 不動明王像
住所 飯能市双柳515
宗派 真言宗智山派
葬儀・墓地 -
備考 もと双柳稲荷神社の別当寺、高麗三十三ヶ所霊場8番



秀常寺の縁起

秀常寺は、僧良慶(慶長16年1611年寂)が開山したと伝えられます。慶安2年に観音堂領として3石の朱印状を拝領しています。

新編武蔵風土記稿による秀常寺の縁起

秀常寺
雙柳山観音院と号す。新義真言宗、横見郡今泉村金剛院末なり。開山良慶慶長16年3月10日化す。中興開山寶遍正徳5年9月25日寂す。本尊不動を安ず。慶安年中観音堂領3石の御朱印を賜へり。
観音堂
正観音の坐像、長1尺2寸なるを安ず。運慶の作。
鐘楼
貞享年中住僧宥仙が時鋳造せし鐘破砕して、文化7年に再造の鐘を懸く。(新編武蔵風土記稿より)


秀常寺の周辺図


大きな地図で見る


埼玉県の霊園

花園むさしの浄苑