猫の足あとによる飯能市の寺院、神社、観光名所など飯能市の寺社案内 猫の足あとによる飯能市の寺院、神社、観光名所など飯能市の寺社案内
猫の足あと

八幡神社。飯能市八幡町の神社、真能寺村鎮守、旧村社

八幡神社の概要

八幡神社の創建年代は不詳ですが、文化・文政期(1804-1829)までは中山に鎮座、八幡町附近真能寺村の鎮守でした。明治維新後当地に移転したものと推定されます。明治5年には村社に列格、明治40年飯能町字原の無格社神明社を合祀しています。

八幡神社
八幡神社の概要
社号 八幡神社
祭神 誉田別命
相殿 -
境内社 三峯神社、飯能稲荷大明神
祭日 春祭:4月17日
住所 飯能市八幡町12-6
備考 もと別当寺:広渡寺



八幡神社の由緒

八幡神社の創建年代は不詳ですが、文化・文政期(1804-1829)までは中山に鎮座、八幡町附近真能寺村の鎮守でした。明治維新後当地に移転したものと推定されます。明治5年には村社に列格、明治40年飯能町字原の無格社神明社を合祀しています。

新編武蔵風土記稿による八幡神社の由緒

八幡社。
別当真能寺村広渡寺持、当社の起建年代詳ならず。社後ろに囲1丈6尺に余れる橿ありて是を神木とす。いかにも古社と見えたり。例祭春は3月15日、秋は8月15日なり。これは真能寺村の鎮守なれども当村にあり。其故は往古真能寺村は、当村の分村なる故に然りと云。社地及び除地は畠1段2畝17歩なり。(新編武蔵風土記稿高麗郡之四中山村項より)

飯能市史資料編による八幡神社の由緒

創建年月日は、はっきりしない。新編武蔵風土記稿は「創起不詳、別当真能寺村広渡寺持」と記し、明細帳は勧請不詳、文禄年中(1592-1595)旧堀米村から現在地へ遷座と述べる。
明治5年村社に列し、同40年飯能町字原の無格社神明社を合祀した。(飯能市史資料編より)


八幡神社の周辺図




埼玉県の霊園

花園むさしの浄苑