猫の足あとによる行田市の寺院、神社、観光名所など行田市の寺社案内 猫の足あとによる行田市の寺院、神社、観光名所など行田市の寺社案内
猫の足あと

桃林寺。行田市城西にある臨済宗妙心寺派寺院、忍藩主奥平松平家の祖松平忠明公創建

桃林寺の概要

臨済宗妙心寺派寺院の桃林寺は、天童山桃林寺と号します。開基は奥平松平家の祖松平忠明公。開山は松隠宗嶽禅師。忠明公の兄で十四歳で死去した家治の供養の為に「普く天の童」として山号を天童山とし、寛永年間大和郡山に創建しました。長篠の合戦で有名な鳥居強右衛門一族の菩提寺でもあります。奥平松平家の移封に従い、寺地を移転、文政6年(1823)に奥平松平家と共に、桃林寺も当地へ移転しました。

桃林寺
桃林寺の概要
山号 天童山
院号 -
寺号 桃林寺
本尊 聖観世音菩薩坐像
住所 行田市城西3-6-1
宗派 臨済宗妙心寺派
葬儀・墓地 墓地受付中
備考 -



桃林寺の縁起

臨済宗妙心寺派寺院の桃林寺は、天童山桃林寺と号します。開基は奥平松平家の祖松平忠明公。開山は松隠宗嶽禅師。忠明公の兄で十四歳で死去した家治の供養の為に「普く天の童」として山号を天童山とし、寛永年間大和郡山に創建しました。長篠の合戦で有名な鳥居強右衛門一族の菩提寺でもあります。奥平松平家の移封に従い、寺地を移転、文政6年(1823)に奥平松平家と共に、桃林寺も当地へ移転しました。

忍藩松平家に関する寺院

松平家は、忍城を守護するため、桃林寺を含めて菩提寺3ヶ寺及び東照宮等を桑名より移転させています。また江戸では天眼寺を菩提寺としていました。

桃林寺の周辺図


大きな地図で見る


埼玉県の霊園

花園むさしの浄苑