猫の足あとによる行田市の寺院、神社、観光名所など行田市の寺社案内 猫の足あとによる行田市の寺院、神社、観光名所など行田市の寺社案内
猫の足あと

下須戸八坂神社。行田市下須戸の神社、旧下須戸村鎮守

下須戸八坂神社の概要

下須戸八坂神社は、行田市下須戸にある八坂神社です。下須戸八坂神社は、七〇〇年前、鎌倉幕府の圧迫を受けた一人の僧が、牛頭天王の像を奉じて当地に住み着き医王寺を創建、医王寺の鎮守社として当社を創建したと伝えられます。江戸時代には下須戸村の鎮守に、明治時代には村社に列格していました。

下須戸八坂神社
下須戸八坂神社の概要
社号 八坂神社
祭神 素盞嗚尊
相殿 -
境内社 -
祭日 -
住所 行田市下須戸2840
備考 旧下須戸村鎮守



下須戸八坂神社の由緒

下須戸八坂神社は、七〇〇年前、鎌倉幕府の圧迫を受けた一人の僧が、牛頭天王の像を奉じて当地に住み着き医王寺を創建、医王寺の鎮守社として当社を創建したと伝えられます。江戸時代には下須戸村の鎮守に、明治時代には村社に列格していました。

新編武蔵風土記稿による下須戸八坂神社の由緒

(下須戸村)牛頭天王社
村の鎮守なり。医王寺持(新編武蔵風土記稿より)

埼玉県神社庁「埼玉の神社」による下須戸八坂神社の由緒

口碑によると、約七〇〇年前、鎌倉幕府の圧迫を受けた一人の僧が、牛頭天王の像を奉じて当地に住み着いたという。これが当社の旧別当真言宗天王院医王寺の開基であり、同寺の寺鎮守として牛頭天王像を祀ったことが当社の創始である。その後、牛頭天王社は村内の崇敬を受け、やがて村鎮守となっていった。
当社は、現在、病虫害を防除する農耕神、素盞嗚尊を主祭神とし、天王様の通称で近郷一円より厚い崇敬を受けている、古くは牛頭天王社と号し、仏教色の濃いものであったが、神仏分離により寺の管理を離れて現社名に改めた。内陣に安置する牛頭天王像が、往時の名残を伝える。
明治期に現社殿を建造し、天神社・御嶽神社二社(註:須戸橋御嶽神社下須戸御嶽神社)の計三社を合祀したが、三社とも戦後旧地に復した。(埼玉県神社庁「埼玉の神社」より)


下須戸八坂神社の周辺図


大きな地図で見る


埼玉県の霊園

花園むさしの浄苑