猫の足あとによる行田市の寺院、神社、観光名所など行田市の寺社案内 猫の足あとによる行田市の寺院、神社、観光名所など行田市の寺社案内
猫の足あと

真名板久伊豆神社。行田市真名板の神社、旧真名板村鎮守

真名板久伊豆神社の概要

真名板久伊豆神社は、行田市真名板にある久伊豆神社です。久伊豆神社の創建年代は不詳ですが、江戸時代には久伊豆社と称し、上下真名板村の鎮守となっていたといいます。明治4年に村社に列格、明治41年には上・下耕地の八坂社、三ツ家の浅間社を合祀したといいます。

久伊豆神社
久伊豆神社の概要
社号 久伊豆神社
祭神 大己貴命
相殿 -
境内社 -
祭日 -
住所 行田市真名板1312
備考 旧上下真名板村鎮守、旧村社



真名板久伊豆神社の由緒

久伊豆神社の創建年代は不詳ですが、江戸時代には久伊豆社と称し、上下真名板村の鎮守となっていたといいます。明治4年に村社に列格、明治41年には上・下耕地の八坂社、三ツ家の浅間社を合祀したといいます。

新編武蔵風土記稿による久伊豆神社の由緒

(上真名板村・下真名板村)久伊豆社
村の鎮守なり。花蔵院持(新編武蔵風土記稿より)

埼玉県神社庁「埼玉の神社」による久伊豆神社の由緒

当社の由緒は不詳である。境内近くに真名氏の館跡と伝える花蔵院通称薬師堂があるが、社より寺の方が古いかもしれぬと氏子は言う。正式には真言宗薬王山花蔵院と称し、現在は曹洞宗全龍寺が管理している。「風土記稿」によると花蔵院が当社の別当であった。なお、明治年間に花蔵院が焼け、関係文書も焼失したので、近世以前の事が全く不明となってしまった。
「明細帳」によると、主祭神は大己貴命であり、明治四年に村社となり、同四一年に上・下耕地の八坂社、三ツ家の浅間社を合祀している。しかし、この合祀では、下耕地の八坂社は移転せず、浅間社は薬師堂隣接の高山古墳上に移されている。また、上耕地の八坂社は境内に合祀され、現在の社号標傍らに移されていたが、老朽化のため昭和二〇年に取り壊された。
社殿は明治二〇年に焼失し、その五か月後に仮殿を設け、同二八年に再建された。なお口碑によるとこの時、拝殿は他村より購入し、解体して運んできたという。(埼玉県神社庁「埼玉の神社」より)


真名板久伊豆神社の周辺図


大きな地図で見る


埼玉県の霊園

花園むさしの浄苑