猫の足あとによる深谷市の寺院、神社、観光名所など深谷市の寺社案内 猫の足あとによる深谷市の寺院、神社、観光名所など深谷市の寺社案内
猫の足あと

三高院。深谷市本住町にある浄土宗寺院

三高院の概要

浄土宗寺院の三高院は、大翁山浄安寺と号します。三高院は、廣蓮社天誉立光(文禄4年1595年寂)が開山、徳川家康関東入国後に深谷城主となった松平源七郎康直(文禄2年1593年寂)が開基となり創建したといいます。三高院境内には、松平源七郎康直の墓があります。

三高院
三高院の概要
山号 大翁山
院号 三高院
寺号 浄安寺
本尊 阿弥陀如来像
住所 深谷市本住町8-34
宗派 浄土宗
葬儀・墓地 -
備考 -



三高院の縁起

三高院は、廣蓮社天誉立光(文禄4年1595年寂)が開山、徳川家康関東入国後に深谷城主となった松平源七郎康直(文禄2年1593年寂)が開基となり創建したといいます。

新編武蔵風土記稿による三高院の縁起

(深谷宿)三高院
同宗(浄土宗)西運寺末、大翁山浄安寺と号す。開山は廣蓮社天誉立光にて、松平源七郎康直開基す。康直は長澤松平氏下野守康忠の子にして、御入国の後当所を領し、文禄二年十月二十九日卒し、嗣子なきを以て断家となれり。立光は文禄四年十月二十七日弱す。本尊弥陀を安置す。此弥陀は有馬玄蕃頭豊氏の寄進せし所なり。其故は開基康直の女父の没後、外戚本多豊後守康重に養はれて、玄蕃頭豊氏の妻となりしかば、後に寄進ありしといへり。
地蔵堂。松平康直墓。五輪の塔なり。三高院殿大翁浄安大居士、文禄二年十月二十九日と銘す。(新編武蔵風土記稿より)


三高院所蔵の文化財

  • 三高院文書(深谷市指定文化財)
  • 松平源七郎康直墓(深谷市指定文化財)

三高院の周辺図


大きな地図で見る


埼玉県の霊園

花園むさしの浄苑