猫の足あとによる大田区の寺院、神社など大田区の寺社案内 猫の足あとによる大田区の寺院、神社など大田区の寺社案内
猫の足あと

円乗院|大田区南馬込にある高野山真言宗寺院

円乗院の概要

高野山真言宗の円乗院は、陽岳山南晴寺と号します。円乗院は、文亀年間(1501-04)に秀栄僧都(大永2年1522年寂)が不動明王を奉安して創建したといいます。高野山真言宗准別格本山、玉川八十八ヶ所霊場71番札所です。

円乗院
円乗院の概要
山号 陽岳山
院号 南晴寺
寺号 円乗院
住所 大田区南馬込5-15-5
本尊 不動明王
宗派 高野山真言宗
葬儀・墓地 円乗院斎場(本堂下)、陽岳会館(客殿)
備考 高野山真言宗准別格本山、玉川八十八ヶ所霊場71番札所、もと北向稲荷神社の別当



円乗院の縁起

円乗院は、文亀年間(1501-04)に秀栄僧都(大永2年1522年寂)が不動明王を奉安して創建したといいます。

「大田区の寺院」による円乗院の縁起

文亀年間(1501-04)に秀栄は、この地に一宇を結び、不動明王を奉安した。寺伝によれば、当時は松、杉、楓などが繁茂し、眼下に池をのぞみ、「陽岳山の秋の月」と風光明眉をもって知られたという。(「大田区の寺院」より)

新編武蔵風土記稿による円乗院の縁起

(馬込村)圓乗院
境内除地一段十二歩、村の南の方にあり、新義真言宗、村内八幡の別當長遠寺末、陽岳山と號す、開山は天永法印といへど、年代をも傳へず、中興開山秀英僧都大永二年二月二日寂せり、本尊不動明王を客殿に安ず。(新編武蔵風土記稿より)


円乗院の周辺図


葬儀社紹介・葬儀相談

葬儀支援ネット

本日休館