猫の足あとによる大田区の寺院、神社など大田区の寺社案内 猫の足あとによる大田区の寺院、神社など大田区の寺社案内
猫の足あと

正覚寺|大田区萩中にある浄土真宗本願寺派寺院

正覚寺の概要

浄土真宗本願寺派寺院の正覚寺は、法照山と号します。正覚寺の創建年代は不詳ですが、関東大震災に被災、昭和3年(1928)築地本願寺寺中から当地へ移転しました。

正覚寺
正覚寺の概要
山号 法照山
院号 -
寺号 正覚寺
住所 大田区萩中1-13-13
本尊 木造阿弥陀如来立像
宗派 浄土真宗本願寺派
葬儀・墓地 -
備考 -



正覚寺の縁起

正覚寺の創建年代は不詳ですが、関東大震災に被災、昭和3年(1928)築地本願寺寺中から当地へ移転しました。

「大田区の寺院」による正覚寺の縁起

昭和3年(1928)築地より現在地に移転。(「大田区の寺院」より)


正覚寺所蔵の文化財

  • 観世音菩薩絵馬(大田区指定有形文化財)

観世音菩薩絵馬

縦82cm、横96.5cmの絵馬額仕立、着彩、額の枠は最近補充されたもの。
絵は右上に観世音菩薩、上部に滝と堂らしき建物があり、した方に順礼姿の七人の人物を描いている。左下部には「寛政改元年吉辰 歌川豊広画」の墨書と朱の花押がある。
観世音の霊験を示した構図で、このような絵馬は珍しい。
豊広は、後に豊国とともに豊春門下の双璧とうたわれた。銘文により、豊広(1773-1828)16歳の時の作品であることがわかり、浮世絵師の若年期における画業精進のほどがしのばれる。(大田区教育委員会掲示より)


正覚寺の周辺図


大きな地図で見る


葬儀社紹介・葬儀相談

葬儀支援ネット

本日休館