猫の足あとによる大田区の寺院、神社など大田区の寺社案内 猫の足あとによる大田区の寺院、神社など大田区の寺社案内
猫の足あと

大森浅間神社|大田区大森西の神社

大森浅間神社の概要

大森浅間神社は大田区大森西にある浅間神社です。大森浅間神社は、冨士信仰が流行した享保年間(1716-1736)に、冨士山本宮浅間神社を勧請、創建したといいます。北大森村沢田の鎮守、明治維新後には村社に列格していました。

大森浅間神社
大森浅間神社の概要
社号 浅間神社
祭神 木花咲邪姫命
相殿 -
境内社 稲荷神社
祭日 例祭日6月8日
住所 大田区大森西2-2-7
備考 浅間幼稚園併設、北大森村沢田の鎮守、旧村社



大森浅間神社の由緒

大森浅間神社は、冨士信仰が流行した享保年間(1716-1736)に、冨士山本宮浅間神社を勧請、創建したといいます。北大森村沢田の鎮守、明治維新後には村社に列格していました。

「大田区の神社」による大森浅間神社の由緒

享保年間(1716-1736)に当時隆昌を極めた冨士信仰に基づき、冨士山本宮浅間神社を勧請したもの。大森村のうち沢田の鎮守であった。(「大田区の神社」より)

新編武蔵風土記稿による大森浅間神社の由緒

(東大森村・西大森村・北大森村)富士浅間社
除地七歩、村の北の方にあたれり、社は九尺に二間、前に鳥居を立(新編武蔵風土記稿より)


大森浅間神社の周辺図


大きな地図で見る


本日休館