猫の足あとによる大田区の寺院、神社など大田区の寺社案内 猫の足あとによる大田区の寺院、神社など大田区の寺社案内
猫の足あと

浦守稲荷神社|大田区大森南の神社

浦守稲荷神社の概要

浦守稲荷神社は大田区大森南にある神社です。浦守稲荷神社の創建年代は不詳ですが、厳正寺を創建した法円上人と共に大森へ来た田中大夫が文永3年(1266年)に当社の末社熊野神社を創建したといい、当社はそれ以前からあったといいます。明治5年村社に列格しました。

浦守稲荷神社
浦守稲荷神社の概要
社号 稲荷神社
祭神 宇迦之御魂命
相殿 -
境内社 白蛇祠、稲荷神社
祭日 例祭日6月3日
住所 大田区大森南3-27-8
備考 旧村社



浦守稲荷神社の由緒

浦守稲荷神社の創建年代は不詳ですが、当地大森村前ノ浦の鎮守として元禄年間(1688-1704)に創建したと伝えられ、宝暦年間(1751-1764)に前ノ浦の開拓に努力した伊藤権兵衛が社地整備に貢献したといいます。

新編武蔵風土記稿による浦守稲荷神社の由緒

(東大森村・西大森村・北大森村)稲荷社
年貢地三畝、座頭橋の邊にあり。祠は二間四方。(新編武蔵風土記稿より)

「大田区の神社」による浦守稲荷神社の由緒

元禄年間(1688-1704)の創立と伝えられている。前ノ浦の鎮守である。前ノ浦は海岸に近い水田地帯で半農半漁の人達が住んでいたが、低地のための度々水害に見舞われたので稲荷社を勧請して五穀の守護を祈ったのが当社の始まりであるといわれている。
宝暦年間(1751-1764)に前ノ浦の開拓に努力した伊藤権兵衛が当社を厚く信仰して社殿を整備した。(「大田区の神社」より)

「大田区の神社」による浦守稲荷神社の由緒

御祭神宇迦之御魂命は五穀豊穣の神であり、其の昔農業が中心となっていた時食物の豊作をを司った神として重視された祭神であり、後世徳川時代に転じては商売繁昌の神として一般庶民に最も親しまれ神社の摂末社、又は個人の庭内社として多くまつられた祭神であります。当稲荷神社の社記によりますと、大凡三百年前に創立されたもので、当時この辺りはいまだ海辺の茅原で、僅かに鎮座地附近に農漁を業とする一部落があり、これらの人々により稲荷の大神を守り神として、祭ったのが其の起源であります。其の後御祭神の神徳が著しいので里人達により厚く信仰されていましたが、特に徳川中期(宝暦年中)になりまして前の浦(この辺の旧名)の開拓に熱心であり、又当社を厚く信仰していた伊東藤兵衛大人の努力により、神社の設備も大いに調ひました。明治の初年になっては当稲荷神社の霊現な神徳が遠く都内まで広がり参拝する者、又施設や物品を寄進する者が少なくなく、又近世になってから境内の一隅に白蛇弁天が出現したので、土地の人達はもとより遠く京浜間の信仰する者が「弥栄弁天講」を作り年々団体参拝で社頭を賑う等、単に産土の神としてばかりでなく「お稲荷さん」とゆ庶民的な広い範囲に崇敬者をもった神社でありました。今度の戦禍により旧大森の大部分が焼失しましたが、九丁目森ヶ崎の氏子区域は極く一部の災害に留り、神社も無事でありましたのは神徳の力とも考えられます。
ここに当神社三百年祭を兼ね、皇太子御成婚奉祝の祭事を執行するにあたり由緒の大要を記します。(「大田区の神社」より)


浦守稲荷神社の周辺図


大きな地図で見る


本日休館