猫の足あとによる大田区の寺院、神社など大田区の寺社案内 猫の足あとによる大田区の寺院、神社など大田区の寺社案内
猫の足あと

磐井神社|大田区大森北の神社、旧郷社、東海七福神の弁財天

磐井神社の概要

磐井神社は大田区大森北にある神社です。磐井神社は、敏達天皇(在位572-585)の代に創建と伝えられ、延喜式神名帳にも記載されている式内社で、「三代実録」によれば、貞観元年(859)に武蔵国従五位磐井神社官社に列し、武州八幡社の惣社に定められた、とされています。昭和7年から始まった東海七福神の弁財天となっています。

磐井神社
磐井神社の概要
社号 磐井神社
祭神 応神天皇、大己貴命、仲哀天王、神功皇后、仲津姫大神
相殿 -
境内社 笠島弁天社(弁財天)、海豊稲荷
住所 大田区大森北2-20-8
備考 旧郷社、東海七福神の弁財天、元別当:密厳院



磐井神社の由緒

磐井神社は、敏達天皇(在位572-585)の代に創建と伝えられ、「三代実録」によれば、貞観元年(859)に武蔵国従五位磐井神社官社に列し、武州八幡社の惣社に定められた、とされています。

「大田区の神社」による磐井神社の由緒

敏達天皇2年8月始めて経営あり、其後貞観元年(859)に六十余州に於て惣社八幡宮を選び定めさせ給い、宮社に列せし由三代実録に載す、当社鎮座の始め延暦の頃より永正年中(1504-20)に至る680年間は神威赫然として宮中繁栄したりしも、永正年中兵火に罹り本社末社共に皆烏有に帰す。其後再営の功成って復た昔日の如く建立せしも、天文年中(1661-72)社を再興す。天正18年(1597)徳川家康関東下向の節当社に参拝の砌寺社奉行本多紀伊守を以て向後当社を祈願所に申付る享保10年(1725)将軍吉宗、伊那半左衛門をして本社・拝殿・末社共建立せられたり。(「大田区の神社」より)

大田区教育委員会掲示による磐井神社の由緒

「三代実録」によれば、貞観元年(859)「武蔵国従五位磐井神社官社に列す」とあり、当社を武州の八幡社の総社に定めたといわれる。
また「延喜式神名帳」に記載されている古社であり、当社の由緒書によれば、徳川家の将軍もここに参詣したことが記されている。
万葉集の「草陰の荒蘭の崎の笠島を見つつか君が山路越ゆらむ」の歌にある笠島とは、ここの笠島弁天を指したものという説もある。(大田区教育委員会掲示より)


磐井神社所蔵の文化財

  • 磐井の井戸(大田区指定史跡)
  • 磐井神社(大田区指定史跡)
  • 鈴石鳥石と江戸文人の石碑群(大田区指定有形文化財)

磐井の井戸

当社社名の由来となったこの井戸、「磐井」と呼ばれる古井で、東海道往来の旅人に利用され、霊水又は薬水と称されて古来有名である。
この位置はもと神社の境内であったが、国道の拡幅により、境域がせばめられたため、社前歩道上に遺存されることになった。
土地の人々は、この井戸水を飲むと、心正しければ清水、心邪ならば塩水、という伝説を昔から伝えている。

磐井神社の周辺図


大きな地図で見る


本日休館