猫の足あとによる練馬区の寺院、神社など練馬区の寺社案内 猫の足あとによる練馬区の寺院、神社など練馬区の寺社案内
猫の足あと

真龍寺|練馬区谷原にある浄土真宗本願寺派の寺院。三軒寺

真龍寺の概要

浄土真宗本願寺派寺院の真龍寺は、白雲山と称します。文明年間(1467-87)、武州金杉に僧願浄が創建したと伝えられます。明暦3年(1657)全焼して築地本願寺寺中に移転、関東大震災後の築地区画整理により、宝林寺敬覚寺とともに当地へ移転しています。

真龍寺
真龍寺の概要
山号 白雲山
院号 -
寺号 真龍寺
本尊 阿弥陀如来像
住所 練馬区谷原6-7-9
宗派 浄土真宗本願寺派
葬儀・墓地 -
備考 -



真龍寺の縁起

真龍寺は、文明年間(1467-87)、武州金杉に僧願浄が創建したと伝えられます。明暦3年(1657)全焼して築地本願寺寺中に移転、関東大震災後の築地区画整理により、宝林寺敬覚寺とともに当地へ移転しています。

「練馬の寺院」による真龍寺の縁起

谷原6丁目のバス通りに三軒寺というバス停がある。30メートルほど北へはいったところに、真龍寺、宝林寺敬覚寺が隣り合わせてある(通称三軒寺)。築地本願寺の地中(寺内)にあったものが、関東大震災後区画整理のため、三寺揃って谷原のここに土地を定め、昭和3年に新築移転してきた。
真龍寺の開基は願浄で織田氏の一族といわれている。文明年間(1467-87)、武州金杉に一寺を建立、明暦3年(1657)全焼して築地に移った。築地本願寺の塔頭寺院は58を数え、真龍寺も宝林寺敬覚寺とともにその名を連ねている。関東大震災の折、本尊や過去帳その他を築地の川に浮かべ、杭に繋いでおいたところ紐が焼けて流されたが、本尊は人に拾われて事なきを得た。過去帳は水にぬれて用をなさなくなり、新に墓地の番号順に整理されている。
ここには江戸時代の著名な儒学者、三縄桂林の墓石がある。「桂林文庫」「桂林遺稿」等の著書があり、文化5年(1808)歿年65であった。よく整備された墓地の中には、火を浴びて角が崩れたり、ひびがはいったりした墓石もあって震災の跡を残している。
平成12年、墓地の大改修を行った。(「練馬の寺院」より)


真龍寺の周辺図


大きな地図で見る
参考資料
  • 練馬の寺院(練馬区教育委員会)



葬儀社紹介・葬儀相談

葬儀支援ネット

練馬区の葬儀

会社設立・起業サポートセンター