猫の足あとによる練馬区の寺院、神社など練馬区の寺社案内 猫の足あとによる練馬区の寺院、神社など練馬区の寺社案内
猫の足あと

田柄天祖神社|練馬区田柄の神社

田柄天祖神社の概要

田柄天祖神社は、練馬区田柄にある天祖神社です。田柄天祖神社は、上野伝五右衛門等が慶長3年(1598)伊勢神宮の分霊を勧請、神明宮として邸内に祀ったのを創始とし、後年神明ケ谷戸一円の産土神として社殿を造営したといい、明治5年(1872)天祖神社と改称したといいます。

田柄天祖神社
田柄天祖神社の概要
社号 天祖神社
祭神 天照大御神
相殿 -
境内社 御嶽神社、稲荷神社
祭日 例大祭10月1日
住所 練馬区田柄4-27-5
備考 -



田柄天祖神社の由緒

田柄天祖神社は、上野伝五右衛門等が慶長3年(1598)伊勢神宮の分霊を勧請、神明宮として邸内に祀ったのを創始とし、後年神明ケ谷戸一円の産土神として社殿を造営したといい、明治5年(1872)天祖神社と改称したといいます。

練馬区の神社による田柄天祖神社の由緒

『北豊島郡神社誌〈4)』に「由緒、当社ハ往昔神明宮ト称シタリシガ、里老ノ説ニヨレバ、慶長三年(一五九八)四月五日、上野伝五右衛門等伊勢神宮へ参詣シ分霊ヲ請ヒデ帰郷シ、邸内二奉安シタルヲ、後村民相図リテ社殿ヲ造営シ、神明ケ谷戸一円ノ産土神トシテ崇メタルモノナリト伝フ、而シテ天保五年(一八三四)社殿腐朽二帰シタルヲ以テ村人協力シテ之ヲ改造シ次デ明治五年(一八七二)四月五日天祖神社ト改称スト云フ。」とある。江戸時代は神明宮(神明社)と言ったが明治になってから天祖社と社名を改めた。
境内石造物は鳥居(明治一四年)、水盤が明治、燈籠・狛犬・神社名碑は昭和のものである。社殿、神楽殿は昭和三五年(一九六〇)に改築した。その他、富士岳神社大々御神楽奉奏紀念碑(大正九年)、富士登山紀念碑(昭和五七年)、終戦五十周年紀念碑(平成六年)がある。
なお、鳥居の東側に、水神宮の碑が見えるが、これが田柄用水記念碑(上練馬村玉川上水分水紀念碑、明治二六年)である。碑には玉川上水分水事情が記され、明治の初め、当地における分水の苦心を伝えている。(「練馬の神社」より)


田柄天祖神社の周辺図


大きな地図で見る
参考資料
  • 「練馬の神社」(練馬区教育委員会)



経営革新等支援期間

梅本会計事務所

会社設立・起業サポートセンター