猫の足あとによる練馬区の寺院、神社など練馬区の寺社案内 猫の足あとによる練馬区の寺院、神社など練馬区の寺社案内
猫の足あとによる東京都寺社案内

八坂神社|練馬区大泉町の神社

八坂神社の概要

八坂神社は、練馬区大泉町にある神社です。八坂神社は、創建年代不詳ですが、新編武蔵風土記稿に記載があり、江戸時代には天王社と称され、橋戸村の鎮守でした。

八坂神社
八坂神社の概要
社号 八坂神社
祭神 須佐之男命
境内社 稲荷神社(稲倉魂命)、浅間神社(木花咲耶姫命)、御嶽神社(国常立命)
相殿 -
住所 練馬区大泉町1-44
備考 -



八坂神社の由緒

八坂神社は、創建年代不詳ですが、新編武蔵風土記稿に記載があり、江戸時代には天王社と称され、橋戸村の鎮守でした。

練馬区教育委員会掲示による八坂神社の由緒

当社は旧橋戸村の鎮守で、祭神は須佐之男命です。いつの頃か、京都八坂神社(祇園社)の分霊を勧請して創建されました。祇園社の守護神は牛頭天王であり、この辺りの字を「中里」といったので、村人からは「中里の天王様」と親しまれてきました。 境内末社に稲荷神社、浅間神社、御嶽神社が奉祀されています。額堂には江戸時代からの絵馬が数多く奉納されています。またむかしから境内の樹木を折ると熱病にかかるという言い伝えがあります。

「練馬の神社」による八坂神社の由緒

創建年代不詳。「新編武蔵風土記稿」橋戸村の項に「天王社、除地1町小名中里ノ耕地ニアリ。3間四方ノ社。村ノ鎮守ナリ。鎮座ノ年暦知ラズ。当村忠右衛門。小榑村角左衛門ノ持。」とあり、江戸時代には天王社と呼ばれていた。(以下省略)(「練馬の神社」より)


八坂神社所蔵の文化財

  • 中里の富士塚(練馬区指定文化財)

中里の富士塚

中里の富士塚は、南側の基部からの高さが約12メートル、径が約30メートルあり、区内最大規模の富士塚です。明治初期に講中によって築造されたといわれていますが、文政5年(1822)の石碑があることから江戸時代すでにその原型があったと思われます。合目石に沿って頂上まで登ると、36基の石造物があります。中でも道祖神の碑は区内で唯一のものです。毎年8月1日に山開きが行われます。(練馬区教育委員会掲示より)

八坂神社の周辺図


大きな地図で見る
参考資料
  • 「練馬の神社」(練馬区教育委員会)



経営革新等支援期間

梅本会計事務所

会社設立・起業サポートセンター