猫の足あとによる練馬区の寺院、神社など練馬区の寺社案内 猫の足あとによる練馬区の寺院、神社など練馬区の寺社案内
猫の足あと

氷川神社|練馬区豊玉南の神社、中荒井村鎮守

氷川神社の概要

豊玉氷川神社は、練馬区豊玉南にある氷川神社です。豊玉氷川神社は、創建不詳ながら、中荒井村の鎮守で、別当正覚院でした。主神は、当初北野神社、次いで須賀神社、そして現在の氷川神社へと遷移しています。明治5年には村社となっています。

氷川神社境
氷川神社の概要
社号 氷川神社
祭神 須佐之男命
相殿 -
境内社 須賀神社、北野天満神社、稲荷神社、三峯神社
住所 練馬区豊玉南2-15-5
備考 中荒井村鎮守、村社



豊玉氷川神社の由緒

豊玉氷川神社は、創建不詳ながら、中荒井村の鎮守で、別当正覚院でした。主神は、当初北野神社、次いで須賀神社、そして現在の氷川神社へと遷移しています。明治5年には村社となっています。

「練馬の神社」による豊玉氷川神社の由緒

「新編武蔵風土記稿」中荒井村の項に「氷川社、村の鎮守なり。例祭9月18日。正覚院持。末社牛頭天王、天神、稲荷」とある。「東京府志料」に「創建詳ならず。明治5年11月村社となる」、「北豊島郡誌」には「境内老樹林立し風向佳なり、当社の神木老杉は付近に有名なる大木にて包三囲に余れり、外に大杉樹2株社殿の後にあり。と記されている。社伝によればこの杉は、古損のため昭和12年、同20年に伐採された際、年輪が各700年、600余年を数えたので、当社の神域が鎌倉時代の開創であることを物語るとしている。当社の創建は不詳だが、武蔵国一の宮氷川神社の分霊の社と伝える。初めは現在境内社の北野神社が最も古くて主神、次いで須賀神社が主神となり、その後時期は明らかでないが氷川神社が主神になった。
境内石造物では稲荷神社前[天明4年]1784と北野天満神社前[文化13年1816]の水盤が最も古い。社殿は須賀神社の上屋を本殿とし、昭和3年の建築である。その際、元の拝殿は移築して神楽殿とした。この旧拝殿は江戸時代後期の建築で、昭和59年新神楽殿が造られると、絵馬堂として使われ今は額殿と呼んでいる。力石は8個あり、35貫目などの陰刻がある。他に正徳元年(1711)と同5年(1715)の笠付庚申塔、日露戦役従軍記念碑(明治39年)、須賀神社敷石記念碑(大正5年)、三峯神社鳥居建設記念碑(大正12年)、社殿改築記念碑(昭和3年)がある。
須賀神社の祭礼は最近まで天王様の祭りと言われ、江戸時代の終わりに作られたと言われる神輿が出て、近郷近在から多くの人が集まったようである。この祭りは今も6月15日に行われている。神輿庫には本社と六町会の神輿がある。
境内樹木は、幹回り2.6mのカヤの大樹をはじめとしてイチョウ、イヌシデ、サクラがある。(「練馬の神社」より)


豊玉氷川神社所蔵の文化財

  • 旧拝殿(練馬区有形文化財)
  • 力石(練馬区有形民俗文化財)
  • 神輿(練馬区有形文化財)

豊玉氷川神社の周辺図


大きな地図で見る
参考資料
  • 「練馬の神社」(練馬区教育委員会)



経営革新等支援期間

梅本会計事務所

会社設立・起業サポートセンター