猫の足あとによる練馬区の寺院、神社など練馬区の寺社案内 猫の足あとによる練馬区の寺院、神社など練馬区の寺社案内
猫の足あと

練馬白山神社|練馬区練馬の神社

練馬白山神社の概要

練馬白山神社は、練馬区練馬にある白山神社です。練馬白山神社は、明治期に発掘された石碑等から鎌倉時代には周辺に集落があり、勧請されたものと推定されます。

練馬白山神社
練馬白山神社の概要
社号 練馬白山神社
祭神 伊邪那美命
境内社 三社稲荷神社、三峯神社
相殿 -
住所 練馬区練馬4-1-2
備考 -



練馬白山神社の由緒

練馬白山神社は、明治期に発掘された石碑等から鎌倉時代には周辺に集落があり、勧請されたものと推定されます。

「練馬の神社」にある練馬白山神社の由緒

「下練馬村御割付之写」に白山大権現とあり、同じ頃の「新編武蔵風土記稿」下練馬村の項には白山社とある。「北豊島郡誌」下練馬村の項は「[無格社 練馬白山神社]字谷戸山にあり、伊邪那美命を祀る。例祭10月9日、当日神輿渡御あり、境内に村芝居の催あるを例とせり」と記している。創立年代は不詳だが、社前に残る推定樹齢900年の大ケヤキから相当な古社と考えられる。
「北豊島郡誌」に言う。「・・・現存セル遺物又ハ天然物等ニヨリテ推定スルニ遠ク、源家ノ興隆時代ニ創立セラレタルモノナルコト創造ニ難カラズ。・・・尚古老ノ口碑ニヨレバ、往昔源義家奥州討伐ノ砌ニ、戦勝ノ祈願ヲコメ、欅笛ヲ奉納スルトコロアリタルガ、明治初年迄六本アリ同18年ニ至リテ、ソノ四本目ヲ伐採・・・又境内ニ隣接セル杉本方ニテ天保3年井ヲ開鑿シタルニ・・・一基ノ石碑ノ発掘セラレタルガソノ刻字ニ康安4年8月トアリ、ナホ同時ニ発掘セラレタル他ノ一基ニハ延文元年トアリタリト、当時当村ハ関東武士ガ鎌倉ニ往来スル途次ニアリテ既ニ一村ヲ形成シタリト云ヘバ、本社ハ弘安4年以前ニ勧請セラレタルモノタルヤ明ラカナリ」と。
鎌倉時代には周辺に集落があったと推定される。(「練馬の神社」より)


練馬白山神社所蔵の文化財

  • 練馬練馬白山神社の大ケヤキ(日本国指定天然記念物)

練馬白山神社の周辺図


大きな地図で見る
参考資料
  • 「練馬の神社」(練馬区教育委員会)



経営革新等支援期間

梅本会計事務所

会社設立・起業サポートセンター