猫の足あとによる練馬区の寺院、神社など練馬区の寺社案内 猫の足あとによる練馬区の寺院、神社など練馬区の寺社案内
猫の足あと

春日神社|練馬区春日町の神社

春日神社の概要

春日神社は、練馬区春日町にある神社です。春日神社は、創建年代不詳ながら、工藤左衛門尉祐経の孫祐宗が、その祖先を祀って創建したと伝えられています。

春日神社
春日神社の概要
社号 春日神社
祭神 天児屋根命
境内社 稲荷神社(宇迦之御魂命)、三峯神社(火産霊神)、第六天神社(面足之命)、恵比寿大黒神、道祖神
相殿 -
住所 練馬区春日町3-2-4
備考 -



春日神社の由緒

春日神社の創建年代は不詳ながら、工藤左衛門尉祐経の孫祐宗が、その祖先を祀って創建したと伝えられています。

「練馬の神社」による春日神社の由緒

創建は不詳であるが、「北豊島郡神社誌」に「古老ノ伝フル所ニヨレバ、工藤左衛門尉祐経ノ孫祐宗ノ創立セルモノト云フ、按ズルニ祐宗ノ藤原鎌足ノ末裔タルト其ノ天児屋根命ヨリ出タルト・・・而シテ中世乱世ヲ経テ文明年間ニ至リ・・・豊島勘解由左衛門泰経等深ク当神社ヲ崇敬シ、一族ノ守護神トシテ奉仕セリト云フ・・・豊島氏没落ノ後練馬城海老名左近ノ居トナリ、又厚ク崇敬セリト云」とある。
境内石造物で古いのは、天保7年(1836)篠田藤五郎寄進の水盤と文久元年(1861)長谷川太左衛門寄進の狛犬(大正6年再建)、慶応2年(1866)の幟石である。社殿は大正6年(1917)の新築であり、神楽殿は昭和31年、絵馬殿は昭和40年の改築である。ほかに社殿脇には二個の力石がある。境内は広く、日露戦争記念碑、表忠碑、太平洋戦争碑が建ち、当地域の戦没者・従軍者名を記している。
境内の樹木は多く、エノキ、イヌシデ、シラカシ、スダジイ、ニレの大樹が繁っている。また、境内脇には安永6年(1709)奉納の上練馬海老ヶ谷戸村結衆による青面金剛庚申塔がある。
なお、江戸末期には宮司が庭泉堂塾を設け、近隣の各名主の子弟を集め、読み書きそろばんを教えたという。(「練馬の神社」より)


春日神社の周辺図


大きな地図で見る
参考資料
  • 「練馬の神社」(練馬区教育委員会)



経営革新等支援期間

梅本会計事務所

会社設立・起業サポートセンター