猫の足あとによる中野区の寺院、神社など中野区の寺社案内 猫の足あとによる中野区の寺院、神社など中野区の寺社案内
猫の足あと

霊妙寺。中野区本町にある法華宗陣門流寺院

霊妙寺の概要

法華宗陣門流寺院の霊妙寺は、八大山と号します。霊妙寺は、新潟県坂町本伝寺の住職松永行誓上人が上京、麻布霞町で布教活動を始め、開基開山したといいます。二世日伸聖人は当地に霊妙教会を設立、三世日勤師が堂宇を建立、霊妙寺と称したといいます。

霊妙寺
霊妙寺の概要
山号 八大山
院号 -
寺号 霊妙寺
住所 中野区本町2-6-9
宗派 法華宗陣門流
葬儀・墓地 -
備考 -



霊妙寺の縁起

霊妙寺は、新潟県坂町本伝寺の住職松永行誓上人が上京、麻布霞町で布教活動を始め、開基開山したといいます。二世日伸聖人は当地に霊妙教会を設立、三世日勤師が堂宇を建立、霊妙寺と称したといいます。

「中野区寺院案内」による霊妙寺の縁起

開基・松永行誓上人は、新潟県坂町・本伝寺の住職であったが、昭和の初め後進に跡をゆずり、布教のため単身上京された。居を麻布震町に定め、主都布教に尽力され多くの信徒を教化・育成されたが、昭和8年7月8日病のため遷化された。
二世・日伸聖人は現在地に霊妙教会を設立し信徒の結束に尽力されたが、昭和19年3月第二次大戦の戦火で堂宇が全焼し、やむなく新潟県三条市・久成院に住した。
三世・日勤師は、信徒・秋山、橋本両氏をはじめ篤信者の帰依を得て当地に堂宇を建立し、昭和28年2月宗教法人霊妙寺を公称した。
四世・日行上人は着任後、納骨堂、庫裡を建立した。22年間の在職中は布教活動に尽力され、昭和56年11月弟子隆静師に法灯をゆずり隠捷された。
現在は五世・隆静師が先師よりの意をつぎ布教・教化活力に尽力されている。(「中野区寺院案内」より)


霊妙寺の周辺図

参考資料
  • 「中野区寺院案内」(中野区佛教連合会)



会社設立・起業サポートセンター 杉並区の葬儀社エバーグレース

葬儀社紹介・葬儀相談

中野区の葬儀