猫の足あとによる中野区の寺院、神社など中野区の寺社案内 猫の足あとによる中野区の寺院、神社など中野区の寺社案内
猫の足あと

福寿院|中野区本町にある真言宗豊山派寺院、中野長者の伝承

福寿院の概要

真言宗豊山派寺院の福寿院は、南光山医王寺と号します。福寿院は、智真上人が開基となり元応元年(1319)に創建、僧寛宥(享保11年1726年寂)が新義真言宗に改めたといいます。

福寿院
福寿院の概要
山号 南光山
院号 福寿院
寺号 医王寺
住所 中野区本町3-12-9
宗派 真言宗豊山派
葬儀・墓地 福寿院西光殿
備考 -



福寿院の縁起

福寿院は、智真上人が開基となり元応元年(1319)に創建、僧寛宥(享保11年1726年寂)が新義真言宗に改めたといいます。

新編武蔵風土記稿による福寿院の縁起

福寿院
除地、120坪。村の北寄にあり。南光山と号す。新義真言宗にて中野村宝仙寺末。客殿7間に5間南向。本尊薬師の坐像長1尺5寸、此本尊は霊佛にて寄附の田畑あり。何人の寄附せしにや、其姓名を失へり。堂の背後に堂山といふ所あり。此薬師に附せし山なりと云。その傍に薬師堂村とて民家十二三軒あり。ここの田畑も此薬師によせしものなりと云へり。開山詳ならず。法流開祖は寛宥と云。享保11年6月朔日示寂。(新編武蔵風土記稿より)

「中野区寺院案内」による福寿院の縁起

当院は元応元年に智真上人の開基と伝えられている。
本尊の薬師如来像は、弘法大師の作と伝えられていて、一体を当院に安置し、他の体は新井薬師の本尊としたという。なお、この本尊は霊仏であり、今日でも秘仏となっている。
また当院の境内にある弁財天は、井之頭の弁財天の娘であるとの言い伝えもある。
文化財として、文和3年(1354)、貞治4年などの銘のある板碑(鎌倉時代に流行した卒塔婆の一種で石で作られている)。が保存されている。(「中野区寺院案内」より)


福寿院所蔵の文化財

  • 板碑

板碑

板碑とは、秩父産の青石でつくられた供養塔で、鎌倉~室町時代に数多くつくられました。板碑の存在は、その周辺にこの時代の集落があったことを物語ります。このことから福寿院のまわりは、中野を形づくった集落があったことがうかがわれます。

福寿院の周辺図

参考資料
  • 「中野区寺院案内」(中野区佛教連合会)
  • 新編武蔵風土記稿



会社設立・起業サポートセンター 杉並区の葬儀社エバーグレース

葬儀社紹介・葬儀相談

中野区の葬儀