猫の足あとによる中野区の寺院、神社など中野区の寺社案内 猫の足あとによる中野区の寺院、神社など中野区の寺社案内
猫の足あと

片山北野神社|中野区松ヶ丘の神社、旧片山村鎮守

片山北野神社の概要

片山北野神社は、中野区松ヶ丘にある北野神社です。片山北野神社の創建年代は不詳ですが、文明9年(1477)太田道灌が石神井、練馬両城攻略の際に当社で戦勝を祈願したとも伝えられるといい、旧片山村の鎮守社だったといいます。

片山北野神社
片山北野神社の概要
社号 北野神社
祭神 菅原道真公
相殿 -
境内社 稲荷神社、市杵島神社
住所 中野区松ヶ丘2-27-1
備考 旧片山村鎮守



片山北野神社の由緒

片山北野神社の創建年代は不詳ですが、文明9年(1477)太田道灌が石神井、練馬両城攻略の際に当社で戦勝を祈願したとも伝えられるといい、旧片山村の鎮守社だったといいます。

新編武蔵風土記稿による片山北野神社の由緒

(片山村)天満宮
北の方にあり、村の鎮守なり、本社は一間四方南向、拝殿二間四方、前に鳥居をたつ(新編武蔵風土記稿より)

東京都神社名鑑による片山北野神社の由緒

当社は往昔天神社と称し、古来北野神社の鎮守社であった。文明九年(一四七七)太田道灌が石神井、練馬両城攻略のさい、この社に詣で戦勝を祈願したとも伝えられる。社の付近に葛ケ谷古戦場も存している、明治五年北野神社と改称した。また口碑によれば慶長十二年(一六〇七)京都北野神社造営のさい、里人菅公を崇拝のあまり、ここに奉祀したともいう。明治十七年一時江古田村に合し、江古田村の一衆落になり、江古田氷川神社に所属したが、昭和八年九月社殿改築とともに片山村の氏神とし、神苑も整備した。(東京都神社名鑑より)


片山北野神社の周辺図


大きな地図で見る


会社設立・起業サポートセンター 杉並区の葬儀社エバーグレース

葬儀社紹介・葬儀相談

中野区の葬儀