猫の足あとによる港区の寺院、神社など港区の寺社案内 猫の足あとによる港区の寺院、神社など港区の寺社案内
猫の足あと

梅窓院|港区南青山にある浄土宗寺院

梅窓院の概要

浄土宗寺院の梅窓院は、長青山寶樹寺と号します。梅窓院は、大本山増上寺十二世普光観智国師を勧請開山、郡上八幡城主青山大蔵少輔幸成が開基となり、寛永20年(1643)青山大蔵少輔幸成の側室を大檀越として青山家下屋敷内に創建したといいます。当寺所蔵の泰平正観世音菩薩像は、江戸三十三観音霊場24番、東京三十三観音霊場7番札所となっています。

梅窓院
梅窓院の概要
山号 長青山
院号 梅窓院
寺号 寶樹寺
本尊 阿弥陀如来像
住所 港区南青山2-26-38
宗派 浄土宗
葬儀・墓地 墓地受付中、梅窓院本堂・観音堂を一般に開放
備考 公式ページ:梅窓院ホームページ江戸三十三観音霊場24番、東京三十三観音霊場7番



梅窓院の縁起

梅窓院は、大本山増上寺十二世普光観智国師を勧請開山、郡上八幡城主青山大蔵少輔幸成(法名梅窓院殿香誉浄薫大禅定門)が開基となり、寛永20年(1643)青山大蔵少輔幸成の側室(法名長青院殿天誉利白大姉)を大檀越として青山家下屋敷内に創建したといいます。

御府内寺社備考による梅窓院の縁起

起立之儀者青山大蔵少輔幸成下屋敷内於荼毘之地一宇建立候後増上寺観智国師を開山ニ被迎候住職を頂誉寿傍二世ニ居。
開山観智国師元和六庚申念十一月二日寂。
開基青山大蔵少輔幸成法名梅窓院殿香誉浄薫大禅定門寛永二十癸未年二月十六日寂。
第二世頂誉寿傍延宝三乙未念七月十六日紀州大智寺ニ於寂。
中興六世證蓮社間誉上人意通和尚代元禄五申念厳有院様御十三回忌之御奉行本多紀伊守殿町觸ニ付梅窓院記立書左上同九月古跡地ニ付仰付御奉行右中興関誉聖元禄六丙念八月十一日寂。(御府内寺社備考より)


梅窓院の周辺図


大きな地図で見る


会社設立・起業サポートセンター