猫の足あとによる港区の寺院、神社など港区の寺社案内 猫の足あとによる港区の寺院、神社など港区の寺社案内
猫の足あと

妙像寺|港区六本木にある日蓮宗寺院

妙像寺の概要

日蓮宗寺院の妙像寺は、法輪山と号します。妙像寺は、正徳院日了大徳(寛永19年1642年寂)が開山となり、寛永2年(1625)創建したといいます。

妙像寺
妙像寺の概要
山号 法輪山
院号 -
寺号 妙像寺
住所 港区六本木4-2-10
宗派 日蓮宗
葬儀・墓地 -
備考 -



妙像寺の縁起

妙像寺は、正徳院日了大徳(寛永19年1642年寂)が開山となり、寛永2年(1625)創建したといいます。

「麻布區史」による妙像寺の縁起

法輪山妙像寺 今井町三八
小湊誕生寺末。寛永二年の草創で、正徳院日了大徳(寛永十九年三月五日寂)の開山である。一書に明暦元年十月十三日の創立、開山の歿年を萬治三年六月十三日としてゐる。
軍神廣瀬中佐は學生時代當寺に寄寓してゐた(名所舊蹟参照)今境内にその記念碑が建つてゐる。
落語家初代春風亭柳枝と金工奈良乗意(装飾師初代太七、一蠢堂永春後杉浦仙右衛門に改む。奈良善三の門に學び深川御屋敷に住す。寳暦十一年七月二十四日歿、法名妙法喜院了修信士)の墓がある。(「麻布區史」より)


妙像寺の周辺図




会社設立・起業サポートセンター