猫の足あとによる港区の寺院、神社など港区の寺社案内 猫の足あとによる港区の寺院、神社など港区の寺社案内
猫の足あとによる東京都寺社案内

考寿院|港区愛宕にある曹洞宗寺院

考寿院の概要

曹洞宗寺院の考寿院は、青松寺12世薫道(明暦2年1656年寂)が慶安2年(1649)に創建、関東大震災後に当地へ移転したといいます。

考寿院
考寿院の概要
山号 -
院号 考寿院
寺号 -
住所 港区愛宕2-7-8
宗派 曹洞宗
葬儀・墓地 -
備考 -



考寿院の縁起

考寿院は、青松寺12世薫道(明暦2年1656年寂)が慶安2年(1649)に創建、関東大震災後に当地へ移転したといいます。

「芝區誌」による考寿院の縁起

考壽院 愛宕町一丁目三十四番地
曹洞宗青松寺の末寺で、もとは青松寺中にあつたが、大震災後愛宕町一丁目十八番地から同三十四番地に移つた。西方二番観音の札所である。(「芝區誌」より)

御府内寺社備考による考寿院の縁起

(青松寺地中)考壽院
慶安二乙丑年十二世薫道建示寂明暦二丙申年九月五日
本堂五間六間。本尊釈迦如来座像丈一尺一寸。脇立観音菩薩勢至菩薩。(御府内寺社備考より)


考寿院の周辺図