猫の足あとによる江東区の寺院、神社など江東区の寺社案内 猫の足あとによる江東区の寺院、神社など江東区の寺社案内
猫の足あと

雄松院|江東区白河にある浄土宗寺院

雄松院の概要

浄土宗寺院の雄松院は、雄誉上人が開基となり、寛永4年(1627)霊巌寺の開山堂として創建したといいます。豪商奈良屋茂左衛門の過去帳や、松尾芭蕉門人の女流俳人渡会園女の墓があります。

雄松院
雄松院の概要
山号 -
院号 雄松院
寺号 -
住所 江東区白河1-1-8
宗派 浄土宗
葬儀・墓地 -
備考 霊巌寺のもと別院



雄松院の縁起

雄松院は、雄誉上人が開基となり、寛永4年(1627)霊巌寺の開山堂として創建したといいます。

「江東区の民俗深川編」による雄松院の縁起

雄松院
霊巌寺の開山堂で、寛永四年(1627)に創立された。開基は雄誉上人で、そのため本尊も雄誉上人である。(江東区の民俗深川編より)


雄松院所蔵の文化財

  • 紙本着色雄誉霊巖上人像(江東区登録文化財)
  • 銅造阿弥陀如来立像(江東区登録文化財)
  • 木造雄誉霊巖上人坐像(江東区登録文化財)
  • 銅製伏鉦西村宗春作(江東区登録文化財)
  • 盂蘭盆会祭文(江東区登録文化財)
  • 雄松院文書雄誉霊巖璽書二巻附桐箱一合(江東区登録文化財)
  • 度会園女墓(江東区登録文化財)
  • 奈良屋茂左衛門墓跡(江東区登録文化財)
  • 九品来迎引接石 寛永3年在銘(江東区登録文化財)

雄松院の周辺図


大きな地図で見る


葬儀社紹介・葬儀相談

江東区の葬儀