猫の足あとによる江東区の寺院、神社など江東区の寺社案内 猫の足あとによる江東区の寺院、神社など江東区の寺社案内
猫の足あと

松林院|江東区三好にある浄土宗寺院

松林院の概要

松林院は、江東区三好にある浄土宗の寺院です。松林院は、檀蓮社来誉上人春太和尚(承応元年1652年没)が寛永年間に学寮として創建、その後明海寮・宣暢寮・覚心寮・大輪寮を合併、昭和4年(1929)には華厳院を合併したといいます。

松林院外観
松林院の概要
山号 -
院号 松林院
寺号 -
住所 江東区三好1-4-14
宗派 浄土宗
葬儀・墓地 -
備考 -



松林院の縁起

松林院は、檀蓮社来誉上人春太和尚(承応元年1652年没)が寛永年間に学寮として創建、その後明海寮・宣暢寮・覚心寮・大輪寮を合併、昭和4年(1929)には華厳院を合併したといいます。

「江東区の民俗深川編」による松林院の縁起

松林院
松林院は檀蓮社来誉上人春太和尚(承応元年没・1652)により、寛永年間に開かれた学寮であり、その後、明海寮・宣暢寮・覚心寮・大輪寮を合併し、明治二年(1869)に寺号が許された。華厳院は開基は不明だが、済乗院(開基念誉宗心大徳)を合併している。両院とも関東大震災で焼失し、華厳院と松林院の住職が同じで、昭和四年(1929)に合併し、現在地に移り、戦災に遭い、昭和二七年に本堂・庫裡を復興し、平成三年に本堂・客殿・庫裡を増改築した(「松林院・華厳院の沿革」)。(江東区の民俗深川編より)(江東区の民俗深川編より)


松林院所蔵の文化財

  • 木造阿弥陀如来立像(江東区有形文化財)
  • 木造阿弥陀如来坐像(江東区有形文化財)
  • 木造地蔵菩薩立像(江東区有形文化財)
  • 石川玄常墓(江東区有形文化財)

松林院の周辺図


大きな地図で見る



葬儀社紹介・葬儀相談

江東区の葬儀