猫の足あとによる葛飾区の寺院、神社、観光名所など葛飾区の寺社案内 猫の足あとによる葛飾区の寺院、神社、観光名所など葛飾区の寺社案内
猫の足あと

見性寺|葛飾区亀有にある曹洞宗寺院

見性寺の概要

曹洞宗の見性寺は、直指山と号します。元和6年(1620)対州舜境が創建、その後江戸深川慧然寺(現寒光寺)を開山した碩分により中興されたと伝えられます。

見性寺
見性寺の概要
山号 直指山
院号 -
寺号 見性寺
住所 葛飾区亀有5-54-25
本尊 聖観世音菩薩坐像
宗派 曹洞宗
葬儀・墓地 -
備考 ペット供養可能



見性寺の縁起

見性寺は、元和6年(1620)対州舜境が創建、その後江戸深川慧然寺(現寒光寺)を開山した碩分により中興されたと伝えられます。

葛飾区寺院調査報告による見性寺の縁起

元和6年(1620)対州舜境創立、開基は亀有の郷士佐久間弥右衛門。その後、一時荒廃したが、江戸深川慧然寺(現寒光寺)の開山別伝宗分(1598-1668)が中興した。「続東国高僧伝」によれば、宗分が葛西の地に到った時、早天を憂えた民が師に祈雨を請うた。よって宗分は「天草数日草木枯 世界人民悩心意 竜王垂慈下雨来 洗衆生苦大洪水」の偈を神竜に授けたところ、忽ち車軸の如き雨が降ったという。天明6年(1786)当寺10世白瑞文圭が本堂を再築した。現在の建物は昭和33年の改築である。境内に正岡子規の句碑がある。(葛飾区教育委員会 葛飾区寺院調査報告より)

新編武蔵風土記稿による見性寺の縁起

見性寺
禅宗曹洞派、江戸浅草松源寺末、直指山と号す。本尊正観音は坐像にして長2尺、春日の作。開山対州舜鏡和尚、村民弥右衛門と謀りて元和6年当寺を草創し、明暦2年2月22日寂す。中興を宗分とす、寛文8年7月24日寂す。此僧硯徳にして功あるをもて中興と称すと云。(新編武蔵風土記稿より)


見性寺所蔵の文化財

  • 宝篋塔

見性寺の周辺図


大きな地図で見る