猫の足あとによる葛飾区の寺院、神社、観光名所など葛飾区の寺社案内 猫の足あとによる葛飾区の寺院、神社、観光名所など葛飾区の寺社案内
猫の足あと

葛西城址|葛西城址公園・御殿山公園、葛飾区青戸の観光名所

葛西城址の概要

御殿山公園

葛西城址は、発掘調査の後、葛西城址公園・御殿山公園として埋め戻されています。

葛西城址
観光名所名 葛西城址
住所 葛飾区青戸7-28-17、葛飾区青戸7-21-7
みどころ -
備考 -



葛西城址の案内

葛西城址については、異説が多いのですが、葛飾区青戸7丁目の旧称御殿山が有力とされています。古くから古城跡という場所が青戸にあり、江戸幕府が遊猟のときの青戸御殿をこの地に築いたことが「新編武蔵風土記稿」にも記されています。

環七整備の際に、発掘調査が行われ、多くの住居跡、井戸跡、板碑、宝篋印塔などが発見されましたが、葛西城に結びつく確実な史料は発見されませんでした。現在、環七東側を葛西城址公園、環七西側を御殿山公園として保存しています。

葛西城址

葛西城は、中川の沖積微高地上に築かれた平城である。沖積地に存在しているため、地表で確認できる遺構は認められない。
築造者と築造の年代については不明であるが、天文7年(1538)2月には、北条氏綱によって葛西城が落城したという記録があり、この後、葛西城は後北条氏の一支城となり、幾多の争乱の舞台となった。
後北条氏の滅亡後、葛西城は徳川氏の支配下に入り、葛西城の跡は、将軍の鷹狩の際の休憩・宿舎(青戸御殿)として利用されていた。
この葛西城が再び注目されるようになったのは、昭和40年代後半のことである。昭和47年から発掘調査が行われ、その結果、主廓を区画している大規模な堀、溝、井戸跡等が検出され、陶磁器、木製品等が出土し、中世の城郭の存在が明らかにされた。
東京都内には中世城館跡が多数存在している。沖積地に存在している城館跡は、地表にその痕跡をほとんど残さないことから内容が不明のものが多いが、葛西城の存在は、発掘調査によって明らかにされており、戦国の騒乱を語る上で欠かすことのできない城郭である。
平成11年3月31日 東京都教育委員会

葛西城址異説について

葛西城址については、上千葉町(西亀有3丁目)の通称「大曲り」付近にあったとする説も強く、「千葉伝考記」に、千葉太郎実胤が下総葛西に住み、その地を千葉村と称したとあります。地形的にも奥州古道に面して、他地より若干高く城砦の址と思われる場所で、刑部の内、城の内、蔵の内、家老家、宿添、馬場などの地名が残っています。



葛西城址の周辺図


大きな地図で見る

葛西城址の近隣にある名所





葬儀社紹介・葬儀相談

葛飾区の葬儀