猫の足あとによる葛飾区の寺院、神社、観光名所など葛飾区の寺社案内 猫の足あとによる葛飾区の寺院、神社、観光名所など葛飾区の寺社案内
猫の足あと

天祖神社|葛飾区堀切の神社、旧堀切村鎮守

天祖神社の概要

天祖神社は、葛飾区堀切にある神社です。天祖神社は、旧堀切村の鎮守で、永禄3年(1560)に勧請されたといわれます。

天祖神社鳥居
天祖神社の概要
社号 天祖神社
祭神 天照大神、誉田別命、菅原大神
相殿 -
境内社 稲荷神社
例祭日 9月16日
住所 葛飾区堀切3-11-2
備考 旧堀切村鎮守、別当寺極楽寺



天祖神社の由緒

天祖神社は、永禄3年(1560)に勧請されたといわれます。

「葛西志」堀切村の条に「神明社 除地303坪、村の西北により有。永禄3年(1560)の勧請にして、極楽寺持なり」とある。堀切の地名は古く応永5年(1398)の「葛西御厨注文」に「堀切 14町1段半」と載せ、鎌倉時代中期以降、伊勢皇大神宮の神領地であった関係から、この社も奉祀されたものと推定される。当社の本殿は弘化2年(1845)に新築され、明治10年・同23年・同43年の修築を経て、昭和41年8月、現在の社殿が造営され、拝殿は明治2年・同43年に修覆されたものである。合祀の誉田別命すなわち八幡宮は「新編武蔵風土記稿」では神明社とは別の神社とし、しかも神明社と同じく永禄3年の鎮座で、別当も同じ極楽寺としている。しかし一説には、武蔵石浜城主千葉介実胤の家臣窪寺蔵人頭胤夫が、武運長久祈願のために宝徳元年(1449)城内に勧請し、康正2年(1456)6月、胤夫父子は、戦死して八幡宮の傍らに葬られ、その墳墓を余に窪寺塚と呼んだ。八幡宮の社殿は天正年間(1573-97)大洪水によって流失し、現在の江東区深川富ヶ丘八幡宮(富岡八幡宮)の地にとどまったともいうが、その真偽は不明である。(葛飾区教育委員会 葛飾区神社調査報告より)


天祖神社の周辺図


大きな地図で見る



葬儀社紹介・葬儀相談

葛飾区の葬儀