猫の足あとによる葛飾区の寺院、神社、観光名所など葛飾区の寺社案内 猫の足あとによる葛飾区の寺院、神社、観光名所など葛飾区の寺社案内
猫の足あと

王子神社|葛飾区東四つ木の神社

王子神社の概要

王子神社は、葛飾区東四つ木にある神社です。王子神社は、清和天皇の第7皇子貞辰親王が東国遊行の途次、元慶元年(938)に当地で死去、比叡山慈覚大師は良本阿闍梨に命じて塚を築いたといいます。

王子神社の概要
社号 王子神社
祭神 貞辰親王命
相殿 -
境内社 -
例祭日 9月19日
住所 葛飾区東四つ木1-12-26
備考 -

王子神社の由緒

王子神社は、清和天皇の第7皇子貞辰親王が東国遊行の途次、元慶元年(938)に当地で死去、比叡山慈覚大師は良本阿闍梨に命じて塚を築いたといいます。

葛飾区神社調査報告による王子神社の由緒

「東京府志料」上木下川村の条に、「王子神社 社地36坪」とのみある。社伝によれば、清和天皇の第7皇子貞辰親王が東国遊行の途次、元慶元年(938)この地に薨じた。たまたま浄光寺に留錫中の比叡山慈覚大師は良本阿闍梨に命じて、親王の遺骸を葬り、王子権現として慰霊を行って以来、浄光寺がその古塚を管理したという。記録類は明治29年の洪水で流失したが、もと上木下川村にあり、その地が荒川放水路の敷地となり、大正8年、浄光寺とともに現在地に移った。(葛飾区教育委員会 葛飾区神社調査報告より)


王子神社の周辺図


大きな地図で見る