猫の足あとによる相模原市の寺院、神社など相模原市の寺社案内 猫の足あとによる相模原市の寺院、神社など相模原市の寺社案内
猫の足あと

無量光寺。相模原市南区当麻にある時宗寺院、もと時宗大本山

無量光寺の概要

時宗寺院の無量光寺は、当麻山金光院と号します。時宗の開祖一遍上人智真が弘長元年(1261)に金光院と号して当地に創建、時宗2世真教が無量光寺と改号したと伝えられます。徳川家康関東入国後の天正19年(1591)には寺領30石の朱印地を拝領、明治期には時宗大本山として、数多くの末寺を擁していました。

無量光寺
無量光寺の概要
山号 当麻山
院号 金光院
寺号 無量光寺
本尊 聖観世音大菩薩
住所 相模原市南区当麻578
宗派 時宗
葬儀・墓地 -
備考 時宗の旧大本山、光明学園相模原高等学校併設



無量光寺の縁起

無量光寺は、時宗の開祖一遍上人智真が弘長元年(1261)に金光院と号して当地に創建、時宗2世真教が無量光寺と改号したと伝えられます。徳川家康関東入国後の天正19年(1591)には寺領30石の朱印地を拝領、明治期には時宗大本山として、数多くの末寺を擁していました。

平成さがみはら風土記稿による無量光寺の縁起

無量光寺は、当麻のバス停「坂下青年の家」のすぐ前、亀形峰と呼ばれる小高い丘の上にある時宗の大本山です。
『風土記稿』やホ『麻山集』の内容を要約すると、本寺は金光院当麻山と号し、時宗の大本山で、古くは「当麻道場」と称されて11ケ寺の末寺を持っていたとされています。
開山は「遊行上人」と呼ばれ、時宗の開祖でもある一遍智真〔正応2年(1289)没〕です。
弘長元年(1261)一遍は諸国遊行の際にこの地を訪れ、金光院という一字を設けたといいます。また、弘安5年(1282)に旅立つ際には自らの木像を刻んだといわれ、これは現在、当寺の本尊であると同時に、昭和33年には最初の市指定重要文化財になっています。
嘉元元年(1303)一遍と遊行を共にした2世真数は金光院を無量光寺と改め、伽藍を建立しています。
その後、当寺は室町時代には後北条氏と深い係わり合いを持ち、また天正19年(1591)には30石の朱印地が与えられるなど、大寺院としての威容を保っていました。
市の史跡にも指定されている広大な境内には、歴代住職の宝筐印塔が立ち並んでいます。
また、毎年10月23日の開山忌には稚児行列や雅楽、双盤念仏などが行われ、壇徒や見学の人で賑わっています。(平成さがみはら風土記稿より)


無量光寺所蔵の文化財

  • 無量光寺山門(相模原市指定文化財)
  • 木造一遍上人立像(相模原市指定文化財)
  • 無量光寺文書(相模原市指定文化財)
  • 無量光寺境内及び笈退の遺跡(相模原市指定史跡)
  • 無量光寺の徳本念仏塔(相模原市登録文化財)

無量光寺の周辺図