猫の足あとによる相模原市の寺院、神社など相模原市の寺社案内 猫の足あとによる相模原市の寺院、神社など相模原市の寺社案内
猫の足あと

日枝神社(鵜野森)。相模原市南区鵜野森の神社

日枝神社(鵜野森)の概要

日枝神社は、相模原市南区鵜野森にある神社です。日枝神社の創建年代は不詳ですが、古くから鵜野森に山王社、神明社、鹿島社、八幡社の4社があり、山王社が明治4年日枝大神と改称、明治6年日枝神社と改称の上、村社に列格したといいます。大正11年神明社、鹿島社、八幡社を合祀しました。

日枝神社
日枝神社の概要
社号 日枝神社
祭神 大山昨命
合祀 神明社(天照大神)、鹿島社(武甕槌命)、八幡社(応神天皇)
境内社 -
祭日 例大祭9月第2土日曜日
住所 相模原市南区鵜野森2-29-1
備考 旧村社



日枝神社(鵜野森)の由緒

日枝神社の創建年代は不詳ですが、古くから鵜野森に山王社、神明社、鹿島社、八幡社の4社があり、山王社が明治4年日枝大神と改称、明治6年日枝神社と改称の上、村社に列格したといいます。大正11年神明社、鹿島社、八幡社を合祀しました。

新編相模国風土記稿による日枝神社(鵜野森)の由緒

(鵜野森村)神明宮
村の鎮守なり、享保十年再建の棟札あり、幸延寺持。
鹿島社
是も村の鎮守とす、武州多磨郡原町田延命院持下同じ。
山王社(新編相模国風土記稿より)

境内掲示による日枝神社(鵜野森)の由緒

創立ははっきりしないが、昔から山王社、神明社、鹿島社、八幡社を以て村の鎮守と称してきた。
明治維新の際、地形、所在地等総合的に判断し明治四年山王社を以て日枝大神と改称し、明治六年村社に列せられた。
その後、大正十一年、無格社である神明社、鹿島社、八幡社を日枝大神に合祀する。
なお、日枝大神のことを日枝神社と呼んでいたことから、昭和十九年より日枝神社と呼ぶように変更した。(境内掲示より)


日枝神社(鵜野森)の周辺図


大きな地図で見る


工作機械商社

ハイテクノス