猫の足あとによる小田原市の寺院、神社など小田原市の寺社案内 猫の足あとによる小田原市の寺院、神社など小田原市の寺社案内
猫の足あと

永久寺。小田原市城山にある臨済宗妙心寺派寺院

永久寺の概要

臨済宗妙心寺派寺院の永久寺は、盛徳山と号します。永久寺は、大久保加賀守忠職が播州明石在城の時に、外祖母盛徳院の冥福を祈るため、浅草桃林寺二世浮山紹圓を開山に迎えて、大應山盛徳寺と号して創建、大久保加賀守忠職の母永久院が亡くなった寛永20年現寺号に改めたといいます。

永久寺
永久寺の概要
山号 盛徳山
院号 -
寺号 永久寺
本尊 釈迦如来像
住所 小田原市城山3-7-23
宗派 臨済宗妙心寺派
葬儀・墓地 -
備考 -



永久寺の縁起

永久寺は、大久保加賀守忠職が播州明石在城の時に、外祖母盛徳院の冥福を祈るため、浅草桃林寺二世浮山紹圓を開山に迎えて、大應山盛徳寺と号して創建、大久保加賀守忠職の母永久院が亡くなった寛永20年現寺号に改めたといいます。

新編相模国風土記稿による永久寺の縁起

(谷津村)永久寺
大久保氏内庵の一なり、侍屋敷にあり。同宗(臨済宗)、京花園妙心寺末、盛徳山と號す、大久保加賀守忠職、播州明石在城の頃、寛永十八年三月、其外祖母盛徳院殿(亀子、後加納殿と稱し奉る、東照宮の姫君にて、奥平美作守信昌に嫁し給ふ)の冥福を祈らん為に、城下に一宇を建。僧浮山紹圓(江戸浅草桃林寺二世、本山の命に依て、住職、慶安二年五月廿一日卒)を延て始祖となし、大應山盛徳寺と號す、寛永二十年、忠職の母永久院(千姫と稱す、奥平信昌の女、東照宮の御外孫、大久保加賀守忠常室なり)卒去の時、今の山寺號に改む。故に盛徳院殿(香林大姉、寛永廿年四月六日卒、按ずるに浅草桃林寺に葬る)を両開基と稱す。今米五十石を附す、本尊釈迦。
観音堂。千手観音を置。一寸八分、毘首羯摩作。永久院守護佛と云。
鎮守社。秋葉金毘羅稲荷を祀る。
北條氏政氏照兄弟碑。巽隅にあり、臺座を合せ、長三尺、一基に二人の法名を并彫る、慈雲院殿勝岩傑公大居士、北條相模守氏政、青雲院殿楽關公大居士、北條陸奥守氏照、天正十八年七月十一日、背に生害之場所と彫れり。按ずるに兄弟生害ありし地は、城下田村安斎の宅なること、當時の記録に見えたり、安斎の宅蹟は、筋違橋・欄干橋両町の邊にあり、事は侍屋敷の條に詳なり、然るを當所となすもの解すべからず。
墓前に腰掛石と唱ふる石あり、縦二尺五寸、横三尺三寸。(新編相模国風土記より)


永久寺の周辺図


大きな地図で見る