猫の足あとによる川崎市の寺院、神社など川崎市の寺社案内 猫の足あとによる川崎市の寺院、神社など川崎市の寺社案内
猫の足あと

光明寺。川崎市高津区にある真宗大谷派寺院

光明寺の概要

真宗大谷派寺院の光明寺は、大悲山と号します。光明寺の創建年代等は不詳ながら、当地よりも南の方にあったといい、専造坊が元亀2年(1571)天台宗寺院から浄土真宗寺院へ改めたといい、その後年不詳ながら当地へ移転したといいます。

光明寺
光明寺の概要
山号 大悲山
院号 -
寺号 光明寺
本尊 阿弥陀如来像
住所 川崎市高津区二子1-10-10
宗派 真宗大谷派
葬儀・墓地 -
備考 -



光明寺の縁起

光明寺の創建年代等は不詳ながら、当地よりも南の方にあったといい、専造坊が元亀2年(1571)天台宗寺院から浄土真宗寺院へ改めたといい、その後年不詳ながら当地へ移転したといいます。

新編武蔵風土記稿による光明寺の縁起

(二子村)光明寺
村の中程街道の内にあり、浄土真宗にて相模國大住郡岡田村長徳寺末、大悲山と號す、此寺古は天台宗なりし由、其頃は村の南の方にありて、二子塚も其境内にあり、元亀二年専造坊といへるもの當宗を開基せりと、此僧文禄三年十二月六日寂す、其後何の頃か今の所に移りたれども、二子塚の内一は當寺の持なりと云、此餘の事記録を失ひたれば詳にしがたし、客殿六間四方巽に向ふ、本尊弥陀の立像にて長一尺五寸作しれず。
鐘楼。門を入て左の方にあり二間四方鐘の圓径三尺許、寶暦十二年鋳しものなり。(新編武蔵風土記稿より)


光明寺所蔵の文化財

  • 絹本着色・浄土七高祖連座像(川崎市重要歴史記念物)
  • 絹本着色・聖徳太子像(川崎市重要歴史記念物)
  • 大貫雪之助の墓

新編武蔵風土記稿による光明寺の縁起

光明寺の文化財
当寺は、真宗大谷派に属しています。
当寺所蔵の文化財のうち、絹本着色・浄土七高祖連座像は、インド・中国・日本の浄土教(浄土真宗)の祖師たちを対称構図で描いたもので、寛文十二年(一六七二)の制作です。
絹本着色・親鸞聖人像は、浄土真宗の開祖・親鸞聖人の晩年の御姿を描いたもので、宝永二年(一七〇五)の制作です。
絹本着色・聖徳太子像は、父・用明天皇の病気平癒を祈る十六歳の時の御姿を描いたもので、寛文十二年(一六七二)の制作です。
川崎市教育委員会は、これらの絵画を、昭和六十一年八月二十八日、川崎市重要歴史記念物に指定しました。(川崎市教育委員会掲示より)

大貫雪之助の墓

大貫雪之助(晶川)は明治20年(1887)2月22日橘樹郡高津村二子(当光明寺前が元大貫家)の大貫寅吉の次男として生まれました。第1高等学校在学中に文才を認められ、妹カノ(後の岡本かの子)と共に与謝野鉄幹・晶子夫妻の「新詩社」に参加し、東京帝国大学英文科在学中、第2次「新思潮」が主宰する創刊にあたり、谷崎潤一郎・和辻哲郎・木村荘太・後藤末雄などと共に同人として活躍し、その前途を期待されましたが、大学を卒業した年の大正元年(1912)11月2日丹毒の病で急逝しました。
当光明寺境内の大貫家墓地にその墓碑があります。(高津観光協会・高津区役所掲示より)


光明寺の周辺図


大きな地図で見る