猫の足あとによる川崎市の寺院、神社など川崎市の寺社案内 猫の足あとによる川崎市の寺院、神社など川崎市の寺社案内
猫の足あと

静翁寺。川崎市幸区にある曹洞宗寺院

静翁寺の概要

曹洞宗寺院の静翁寺は、福聚山と号します。静翁寺は、戸手村の里正郷右衛門(法名静國翁道閑居士、天正16年1588年没)が開基となり、寶泉寺五世識翁(慶長19年1614年寂)が開山したといいます。

静翁寺
静翁寺の概要
山号 福聚山
院号 -
寺号 静翁寺
住所 川崎市幸区神明町2-58
宗派 曹洞宗
葬儀・墓地 -
備考 -



静翁寺の縁起

静翁寺は、戸手村の里正郷右衛門(法名静國翁道閑居士、天正16年1588年没)が開基となり、寶泉寺五世識翁(慶長19年1614年寂)が開山したといいます。

新編武蔵風土記稿による静翁寺の縁起

(戸手村)静應寺
村の坤の方にあり、曹洞宗下末吉村寶泉寺の末、福聚山と號す、當寺は此村の里正郷右衛門が先祖蔵人といへるもの開基せり、かれが法名を静國翁道閑居士と號し、天正十六年七月二日死せり、開山は識翁と號す、本寺の歴代五世に當れる僧にして、慶長十九年十一月晦日示寂、本尊釋迦坐像長一尺一寸なるを安ぜり、客殿六間半に五間半東向なり。(新編武蔵風土記稿より)


静翁寺の周辺図