猫の足あとによる川崎市の寺院、神社など川崎市の寺社案内 猫の足あとによる川崎市の寺院、神社など川崎市の寺社案内
猫の足あと

全龍寺。川崎市中原区にある曹洞宗寺院

全龍寺の概要

曹洞宗寺院の全龍寺は、福聚山と号します。全龍寺の創建年代は不詳ですが、逆翁山常泉寺と称して創建、寛永年間(1624-1643)に梵光和尚が金龍寺と改号、寛文2年(1662)徳翁寺七世楊山宗幡和尚を勧請して中興開山としたといいます。近年になり全龍寺と改号しています。准秩父三十四札所観音霊場5番です。

全龍寺
全龍寺の概要
山号 福聚山
院号 -
寺号 全龍寺
本尊 阿弥陀如来像
住所 川崎市中原区下小田中5-3-15
宗派 曹洞宗
葬儀・墓地 -
備考 -



全龍寺の縁起

全龍寺の創建年代は不詳ですが、逆翁山常泉寺と称して創建、寛永年間(1624-1643)に梵光和尚が金龍寺と改号、寛文2年(1662)徳翁寺七世楊山宗幡和尚を勧請して中興開山としたといいます。近年になり全龍寺と改号しています。

新編武蔵風土記稿による全龍寺の縁起

(下小田中村)金龍寺
村の西の方にあり。本寺前に同じ(註:相模国山田村徳翁寺末)。福聚山と号す。此寺天正年中までは逆翁山常泉寺と云。その後寛永年中に至り梵光和尚といひしが住僧たりし時、今の山号寺号に改たり。寛文2年徳翁寺七世楊山宗幡和尚を勧請して中興開山とせり。此時に寺格もすすめて安楽寺の同列となれり。本尊十一面観音坐像1尺ばかり定朝の作。往古は此寺地観音堂なりと云。嘉応元年(註:1169年)8月しるせし縁起あり。古きものなれども取べきことなし。故に載せず。本堂8間に2間半東向。
白山社。寺に入て左の方にあり。小祠なり。
石地蔵。門の外右の方にあり。上屋1間に9尺。(新編武蔵風土記稿より)


全龍寺所蔵の文化財

  • 石造小林正利坐像

石造・小林正利坐像

全龍寺の文化財
当寺は、曹洞宗に属しています。
当寺所蔵の石造・小林正利坐像は、風折烏帽子をかぶり、紋付の直垂を着た俗体像です。背中や底部等の刻銘から、宝永5年(1708)8月、江戸の石工船戸屋八郎が制作した小林正利74歳の時の寿像であることがわかります。
石造の寿像は全国的にも珍しく、また、像主・小林正利(1635-1711)が、徳川家綱に仕え、武蔵国多摩・橘樹両郡450石を領し、当地に関係の深い旗本である点も貴重です。(川崎市教育委員会掲示より)

全龍寺の周辺図


大きな地図で見る