猫の足あとによる川崎市の寺院、神社など川崎市の寺社案内 猫の足あとによる川崎市の寺院、神社など川崎市の寺社案内
猫の足あと

大乗院。川崎市中原区にある曹洞宗寺院

大乗院の概要

曹洞宗寺院の大乗院は、今井山と号します。大乗院は、末吉寶泉寺第五世盧州呑匡(寛永20年1643年寂)が開山、松平土佐守の女泡影院観窓幻夢大姉(延宝8年1680年寂)が開基となり、創建したといいます。准秩父三十四札所観音霊場9番です。

大乗院
大乗院の概要
山号 今井山
院号 大乗院
寺号 -
本尊 -
住所 川崎市中原区今井南町247
宗派 曹洞宗
葬儀・墓地 -
備考 -



大乗院の縁起

大乗院は、末吉寶泉寺第五世盧州呑匡(寛永20年1643年寂)が開山、松平土佐守の女泡影院観窓幻夢大姉(延宝8年1680年寂)が開基となり、創建したといいます。

新編武蔵風土記稿による大乗院の縁起

(今井南町村)大乗院
村の中央にあり。曹洞宗末吉村寶泉寺末。今井山と号す。開山は本山第五世盧州呑匡寛永20年9月13日寂せり。開基は松平土佐守の女泡影院観窓幻夢大姉なり。故ありて此一寺を建立せり。この人は延宝8年6月28日卒す。本尊正観音長1尺1寸木の坐像なり。恵心僧都の作なりといひ傳ふ。客殿は8間に5間にて西向なり。
稲荷社。客殿に向て左にあり。境内の鎮守也。(新編武蔵風土記稿より)


大乗院の周辺図


大きな地図で見る