猫の足あとによる川崎市の寺院、神社など川崎市の寺社案内 猫の足あとによる川崎市の寺院、神社など川崎市の寺社案内
猫の足あと

東泉寺。川崎市宮前区にある曹洞宗寺院

東泉寺の概要

曹洞宗寺院の東泉寺は、泰平山と号します。東泉寺は、当地の地頭葛山夫婦である最安慶初(天正12年1584年寂)が開山、一翁全閑居士清室體寒大姉が開基となり創建したといいます。準西国稲毛三十三観世音霊場34番、関東百八地蔵霊場84番です。

東泉寺
東泉寺の概要
山号 泰平山
院号 -
寺号 東泉寺
住所 川崎市宮前区平1-7-28
宗派 曹洞宗
葬儀・墓地 -
備考 -



東泉寺の縁起

東泉寺は、当地の地頭葛山夫婦である最安慶初(天正12年1584年寂)が開山、一翁全閑居士清室體寒大姉が開基となり創建したといいます。

新編武蔵風土記稿による東泉寺の縁起

(平村)東泉寺
村の東字堰下にあり、此寺近き頃までは今の所よりは南の方にありしと云、其跡今も當寺の墓所となりてあり、もとより除地なれども坪數も詳ならず、其地の字をせがき田と云、曹洞宗にて郡中下作延村圓福寺の末、泰平山と號す、開山最安慶初天正十二年九月二十七日示寂、開基は一翁全閑居士清室體寒大姉の二人なり、其位牌の傍に記して葛山平とあり、是そのかみの地頭なりと云【北條家人所領役帳】に載たる葛山某が夫婦の法名などにや、詳なる傳へもなし、猶墳墓の所合せ見るべし、客殿八間半に五間半餘前に石階あり、二間許、本尊聖観音の坐像にて長五寸、門は兩柱の間九尺控作りなり。
寺寳。般若地蔵像一軀。銅像なり、寳暦年中大般若経轉讀の折しも境内より掘出せしゆへ、此の號を得たりと、長六寸許の立像なり。
古碑二基。墓所にあり、二基ともに青石の板碑なり、一は文明十三年月待の供養塔なり、一は正實禅門三月十六日とありて年代を記さず。(新編武蔵風土記稿より)


東泉寺の周辺図