猫の足あとによる川崎市の寺院、神社など川崎市の寺社案内 猫の足あとによる川崎市の寺院、神社など川崎市の寺社案内
猫の足あと

観行院。川崎市川崎区にある天台宗寺院

観行院の概要

天台宗寺院の観行院は、信州善光寺の関東別院です。観行院の創建年代等は不詳ながら慈覚大師の開基だといいます。

観行院
観行院の概要
山号 -
院号 観行院
寺号 -
本尊 阿弥陀如来坐像
住所 川崎市川崎区砂子2-5-2
宗派 天台宗
葬儀・墓地 -
備考 -



観行院の縁起

観行院の創建年代等は不詳ながら慈覚大師の開基だといいます。

新編武蔵風土記稿による観行院の縁起

(川崎宿砂子町)観行院
北向にあり、天台宗にて荏原郡品川宿常行寺の末寺なり。教主山定相寺と号せり。寺傳に慈覚大師の開基なりといへど覚束なし。客殿三間に二間半本尊弥陀木の立像にて長二尺許、又弁天の木像あり、弘法大師の作なりと云。長一尺許の立像なり。
地蔵堂。門の側にあり、二間四方の塗籠なり。地蔵は長四尺許の立身にて銅像なり、正徳年中に鋳しと云。
弁天塚。客殿の後にあり。二間四方程の塚なり。塚上に古木あり社はなし。(新編武蔵風土記稿より)


観行院の周辺図


大きな地図で見る