猫の足あとによる川崎市の寺院、神社など川崎市の寺社案内 猫の足あとによる川崎市の寺院、神社など川崎市の寺社案内
猫の足あと

石観音堂。川崎市川崎区にある天台宗寺院

石観音堂の概要

天台宗寺院の石観音堂は、潮音殿と号します。石観音堂は、寛文五年(1665)天台宗明長寺の僧弁融が創建、近郷近在の人々の信仰を集めたといいます。東海三十三観音霊場7番札所、准秩父三十四札所観音霊場23番となっている他、数多くの文化財を有しています。

石観音堂
石観音堂の概要
山号 -
院号 -
寺号 -
本尊 石造如意輪観世音菩薩
住所 川崎市川崎区観音2-16-3
宗派 天台宗
葬儀・墓地 -
備考 -



石観音堂の縁起

石観音堂は、寛文五年(1665)天台宗明長寺の僧弁融が創建、近郷近在の人々の信仰を集めたといいます。

新編武蔵風土記稿による石観音堂の縁起

(大師河原村)観音堂
字遠藤野にあり。如意輪観音石の坐像にして、長一尺四五寸許、堂大さ五間四方西向なり。延享の頃より堂を立しよしを土人いへり、されば近ごろよりのものなり。これも明長寺の持。(新編武蔵風土記稿より)


石観音堂所蔵の文化財

  • 霊亀石盥盤
  • 梅動独吟万句詠草塚
  • 六人一句碑

石観音堂の文化財

この石観音堂は、寛文五年(1665)天台宗明長寺の僧弁融によって開かれたもので本尊は、石造・如意輪観音像です。境内には、近郷近在の人々の信仰を物語る文化財が残されています。
霊亀石盥盤
享保十八年(1733)、霊亀の助けをうけて、地元の漁師たちが海中から引き上げたといわれる手水石です。
梅動独吟万句詠草塚
宝暦八年(1758)郷土の俳人花鳥庵梅動が、早朝から夕刻にかけて句をつくりながら詠みつづけ、その数を競った、「俳諧の矢数独吟」をした時の記念碑です。
六人一句碑
延享四年(1747)、俳人茗荷坊の門人六人が、石観音に奉納する句を詠んだ時の記念碑です。
これらの石造記念物は、近世における民俗・文芸の地方資料としても貴重であります(川崎市教育委員会掲示より)


石観音堂の周辺図


大きな地図で見る