猫の足あとによる川崎市の寺院、神社など川崎市の寺社案内 猫の足あとによる川崎市の寺院、神社など川崎市の寺社案内
猫の足あと

一行寺。川崎市川崎区にある浄土宗寺院

一行寺の概要

浄土宗寺院の一行寺は、専修山念佛院と号します。一行寺は、良忠寺第十八代顕譽円超上人が開山となり、寛永8(1631)年に創建したといいます。

一行寺
一行寺の概要
山号 専修山
院号 念佛院
寺号 一行寺
本尊 阿弥陀如来立像
住所 川崎市川崎区本町1-1-5
宗派 浄土宗
葬儀・墓地 -
備考 -



一行寺の縁起

一行寺は、良忠寺第十八代顕譽円超上人が開山となり、寛永8(1631)年に創建したといいます。

新編武蔵風土記稿による一行寺の縁起

(川崎宿新宿町)一行寺
北側にあり。往還より一町許奥の方にあり。専修山念佛院と号す。浄土宗にて京都知恩院の末寺なり。開山僧顕誉万治元年二月廿六日寂せり。客殿五間四方南向なり。本尊弥陀木の立像にて長二尺五寸許、慈覚大師の作なりとも行基菩薩の作なりともいへり。
閻魔堂。門を入って左にあり。九尺に二間閻魔は木の坐像にて長二尺許。(新編武蔵風土記稿より)


一行寺の周辺図


大きな地図で見る