猫の足あとによる川崎市の寺院、神社など川崎市の寺社案内 猫の足あとによる川崎市の寺院、神社など川崎市の寺社案内
猫の足あと

不動院。川崎市麻生区にある真言宗豊山派寺院

不動院の概要

真言宗豊山派寺院の不動院は、明王山般若坊と号します。不動院は、応永年間に足利公方の庇護により不動堂を建立、嘉永二年(1849)年に王禅寺の末寺となったといいます。当寺の不動尊は、鎌倉二階堂大楽寺開山願行上人鋳造の不動明王で、木賊不動尊と称されるといいます。

不動院
不動院の概要
山号 明王山
院号 不動院
寺号 -
住所 川崎市麻生区下麻生1-21-10
宗派 真言宗豊山派
葬儀・墓地 -
備考 -



不動院の縁起

不動院は、応永年間に足利公方の庇護により不動堂を建立、嘉永二年(1849)年に王禅寺の末寺となったといいます。当寺の不動尊は、鎌倉二階堂大楽寺開山願行上人鋳造の不動明王で、木賊不動尊と称されるといいます。

新編武蔵風土記稿による不動院の縁起

(下麻生村)不動堂
除地、八畝歩、村の乾の方にあり、五間に六間東向なり、不動は長八寸の立像なり、王禅寺村王禅寺の持。(新編武蔵風土記稿より)

境内石碑による不動院の縁起

抑当山者明王山不動院般若坊と云い、俗称木賊不動と称す。応永年中足利公方の庇護を受け堂宇を建立し鎌倉二階堂大楽寺開山願行上人鋳造の不動明王を安置す。降って宝永二年地頭安藤織部氏により再建、更に元文二年安藤平七郎氏境内敷地を寄附せらる。嘉永二年住僧了円王禅寺門末に加入し真言宗に属す。以来百有余年千五百名の法縁を得昭和四十三年より諸堂を新築し輪奐の美整う。(境内中興之碑(新編武蔵風土記稿より)

新編武蔵風土記稿による不動院の縁起

麻生不動院は嘉永二年(1849)年に王禅寺の末寺となった。木賊不動とも呼ばれ、火伏せの不動として人々に信仰されている。一月二八日の初不動では、ダルマ市が立ち多くの人々で賑わう。(新編武蔵風土記稿より)


不動院の周辺図