猫の足あとによる川崎市の寺院、神社など川崎市の寺社案内 猫の足あとによる川崎市の寺院、神社など川崎市の寺社案内
猫の足あと

関神社。川崎市中原区上小田中の神社

関神社の概要

関神社は、川崎市中原区上小田中にある神社です。関神社は、後裔原勘解由左衛門勝久が当地を開墾する際に、近江国逢坂の関明神を勧請して創建したといいます。

関神社
関神社の概要
社号 関神社
祭神 豊国姫命
相殿 蝉丸神社
境内社 -
祭日 9月15日
住所 川崎市中原区上小田中1-13-1
備考 -



関神社の由緒

関神社は、後裔原勘解由左衛門勝久が当地を開墾する際に、近江国逢坂の関明神を勧請して創建したといいます。

新編武蔵風土記稿による関神社の由緒

(上小田中村)関明神社
村の北の方にて小名大ヶ谷戸にあり。其所の鎮守なり。近江国逢坂にたてる関明神のうつしなり。社南向2間に1間の覆屋あり。小社前に鳥居あり。例祭は9月17日宝蔵寺の持なり。(新編武蔵風土記稿より)

神奈川県神社誌による関神社の由緒

当所の氏子、原一族の祖は、武田一族に仕えた原美濃守の末流であるが、慶長十年に至り、後裔原勘解由左衛門勝久、此地に住し、当地開墾に従事した時、工程、遅々として進まなかった。以て日頃信仰せる関蝉丸神社に祈願を籠めたところ、一夜にして霊示あり、「我を此地に祀らば工忽ち成就すべし」と。以て直に社殿を造営し、神霊を鎮守するや不思議にも開拓の大業忽ち成ったと伝えられる。(神奈川県神社誌より)


関神社の周辺図


大きな地図で見る