猫の足あとによる川崎市の寺院、神社など川崎市の寺社案内 猫の足あとによる川崎市の寺院、神社など川崎市の寺社案内
猫の足あと

市ノ坪神社。川崎市中原区市ノ坪の神社

市ノ坪神社の概要

市ノ坪神社は、川崎市中原区市ノ坪にある神社です。市ノ坪神社の創建年代は不詳ですが、当地旧市ノ坪村の鎮守社であったといいます。大正5年市ノ坪にあった第六天社を合祀しています。

市ノ坪神社
市ノ坪神社の概要
社号 市ノ坪神社
祭神 大日塼命、面足命、惶根命
相殿 -
境内社 稲荷大明神、御嶽神社
祭日 例祭日9月第一日曜日
住所 川崎市中原区市ノ坪54
備考 旧市ノ坪村の鎮守



市ノ坪神社の由緒

市ノ坪神社の創建年代は不詳ですが、当地旧市ノ坪村は鹿島田村から(江戸時代か?)分村したものといい、分村後に勧請したものと推定できます。当地旧市ノ坪村の鎮守社であったといいます。大正5年市ノ坪にあった第六天社を合祀しています。

新編武蔵風土記稿による市ノ坪神社の由緒

(市ノ坪村)太神宮
村の北にありこの所の鎮守なり。本社の前に拝殿あり、2間四方。勧請の年歴を傳へず。村内東福寺の持。
第六天社
村の北の方にあり。是も勧請の時代を失へり。同寺(村内東福寺)の持。
末社。
御嶽社。社地に入り右の方にあり。
稲荷社。同じ邊にあり。(新編武蔵風土記稿より)

神奈川県神社誌による市ノ坪神社の由緒

当神社は元、神明宮と称し、創建年代は詳らかでないが、武蔵風土記の市ノ坪村の項に「大神宮、村の北にありこの所の鎮守なり」と記されている。大正五年第六天社を合祀し、昭和四十七年社殿改集と同時に、市ノ坪神社と改称した。(神奈川県神社誌より)


市ノ坪神社の周辺図


大きな地図で見る