猫の足あとによる川崎市の寺院、神社など川崎市の寺社案内 猫の足あとによる川崎市の寺院、神社など川崎市の寺社案内
猫の足あと

武蔵御嶽神社細山分社。川崎市麻生区千代ヶ丘の神社

武蔵御嶽神社細山分社の概要

武蔵御嶽神社細山分社は、川崎市麻生区千代ヶ丘にある神社です。武蔵御嶽神社細山分社は、嘉永年間(1848-1853)に御嶽神社の分社として創建、明治7年(1874)御嶽神社と改名したといいます。当地周辺は、かつて経塚と称されて二つの経塚があった場所とされ、経塚の上からは武蔵御嶽山が望めたといいます。

武蔵御嶽神社細山分社
武蔵御嶽神社細山分社の概要
社号 武蔵御嶽神社細山分社
祭神 -
相殿 -
境内社 -
祭日 -
住所 川崎市麻生区千代ヶ丘5-4-1
備考 旧村社



武蔵御嶽神社細山分社の由緒

武蔵御嶽神社細山分社は、嘉永年間(1848-1853)に御嶽神社の分社として創建、明治7年(1874)御嶽神社と改名したといいます。

新編武蔵風土記稿による武蔵御嶽神社細山分社の由緒

(細山村)経塚
西南の方にあり、この塚あるを以て小名をも経塚とよぶ、古塚相對して二つあり、いづれも周廻十三間餘高さ六尺ほど、上に古松一株をうえたり、思に古き世の人の墳墓と見へたれど別に傳ふることなし、塚上より望めば都筑郡の山々及び秩父の武甲多磨の御嶽、小佛高尾相州の丹澤箱根等の諸峯宛然として眼中にあり、ことに快晴の時は南方の海上をも見わたして眺望いとよし。(新編武蔵風土記稿より)

神奈川県神社誌による武蔵御嶽神社細山分社の由緒

記載なし(神奈川県神社誌より)


武蔵御嶽神社細山分社の周辺図


参考資料