猫の足あとによる鎌倉市の寺院、神社など鎌倉市の寺社案内 猫の足あとによる鎌倉市の寺院、神社など鎌倉市の寺社案内
猫の足あと

覚園寺。鎌倉市二階堂にある真言宗泉涌寺派寺院、開基北条貞時

覚園寺の概要

真言宗泉涌寺派の覚園寺は、鷲峰山真言院覚園寺と号します。建保6年(1218)二代執権・北条義時が建てた薬師堂(現本堂)を前身とし、九代執権北条貞時が開基となり、智海心海を開山に迎え、四宗兼学道場として永仁4年(1296)創建したといいます。鎌倉二十四地蔵尊霊場3番、鎌倉十三仏11番です。

覚園寺
覚園寺の概要
山号 鷲峰山
院号 真言院
寺号 覚園寺
本尊 薬師如来像
住所 鎌倉市二階堂421
宗派 真言宗泉涌寺派
縁日 黒地蔵縁日:8月10日
葬儀・墓地 -
備考 鎌倉二十四地蔵尊霊場3番、鎌倉十三仏11番、拝観は10時から15時までの一時間毎



覚園寺の縁起

覚園寺は、建保6年(1218)二代執権・北条義時が建てた薬師堂(現本堂)を前身とし、九代執権北条貞時が開基となり、智海心海を開山に迎え、四宗兼学道場として永仁4年(1296)創建したといいます。鎌倉二十四地蔵尊霊場3番、鎌倉十三仏11番です。

鎌倉市掲示による覚園寺の縁起

建保6年(1218)二代執権・北条義時が、戌神将のお告げにより建てた薬師堂が前身です。その後九代執権・北条貞時が、元寇が再び起こらぬことを願い、戒律を中心とした四宗兼学道場に改めました。
本堂の薬師三尊坐像と十二神将像は鎌倉屈指の尊像です。奥深い境内は静寂としていて、古都鎌倉の面影をよく残しています。
地蔵堂の黒地尊像の縁日(8月10日)には、多くの参詣者が訪れます。(鎌倉市掲示より)


覚園寺所蔵の文化財

  • 覚園寺境内(国史跡)
  • 木造薬師三尊坐像(国重要文化財)
  • 日光・月光両菩薩像(国重要文化財)
  • 十二神将立像(国重要文化財)
  • 阿弥陀如来坐像
  • 鉄造不動明王坐像
  • 木造地蔵菩薩立像(黒地蔵)(国重要文化財)
  • 開山智海心慧和尚の宝篋印塔(開山塔)(国重要文化財)
  • 二世大燈源智和尚の宝篋印塔(大燈塔)(国重要文化財)
  • 覚園寺文書(97通)

覚園寺の周辺図


大きな地図で見る