猫の足あとによる鎌倉市の寺院、神社など鎌倉市の寺社案内 猫の足あとによる鎌倉市の寺院、神社など鎌倉市の寺社案内
猫の足あと

松嶺院。鎌倉市山ノ内にある臨済宗円覚寺派寺院

松嶺院の概要

臨済宗円覚寺派寺院の松嶺院は、円通山と号し、円覚寺境内にある円覚寺の塔頭寺院です。円覚寺百五十世叔悦禅懌(天文4年1535年歿)が不閑軒として創建、松嶺院妙円尼(松岡東慶寺十八世瑞山尼の姪)から寺領の寄進を受け、松嶺庵と改称したといいます。

松嶺院
松嶺院の概要
山号 円通山
院号 松嶺院
寺号 -
本尊 釈迦牟尼仏
住所 鎌倉市山ノ内453
宗派 臨済宗円覚寺派
葬儀・墓地 -
備考 -



松嶺院の縁起

松嶺院は、円覚寺百五十世叔悦禅懌(天文4年1535年歿)が不閑軒として創建、松嶺院妙円尼(松岡東慶寺十八世瑞山尼の姪)から寺領の寄進を受け、松嶺庵と改称したといいます。

新編相模国風土記稿による松嶺院の縁起

松嶺庵
古は不閑軒と称す。開祖は叔悦、中興開基松嶺院妙円尼(松岡東慶寺十八世瑞山尼の姪女なり)。此人僧奇文の道風を慕の余り、五貫文の田を寄附せしかば是より不閑の号を改め松嶺を名とし、且奇文をもて中興と称す。(新編相模国風土記稿円覚寺項より)


松嶺院所蔵の文化財

  • 木造大拙祖能坐像
  • 木造叔悦禅懌坐像

松嶺院の周辺図


大きな地図で見る