猫の足あとによる鎌倉市の寺院、神社など鎌倉市の寺社案内 猫の足あとによる鎌倉市の寺院、神社など鎌倉市の寺社案内
猫の足あと

如意庵。鎌倉市山ノ内にある臨済宗円覚寺派寺院

如意庵の概要

臨済宗円覚寺派寺院の如意庵は、円覚寺境内にある円覚寺の塔頭寺院です。円覚寺二十四世明巌正因大達禅師の塔所として、貞和4年(1348)萬寿寺(廃寺)内に創建、文和3年(1354)円覚寺に移転したといいます。

如意庵
如意庵の概要
山号 -
院号 -
寺号 如意庵
本尊 宝冠釈迦如来坐像
住所 鎌倉市山ノ内425
宗派 臨済宗円覚寺派
葬儀・墓地 -
備考 一般参観不可



如意庵の縁起

如意庵は、円覚寺三十六世無礙妙謙の塔所として、弟子や信者が応安3年(1370)に開創したといいます。

新編相模国風土記稿による如意庵の縁起

如意庵
開祖妙謙。高僧傳曰、釋妙顕字無礙、武州人出世相之寿福寺、尋徒円覚寺、僧問如何、是大唐行脚之事、謙曰笠重呉天雪鞵香楚地花、住職稍久、構如意開山祖、慶安2年7月13日寂。勅謚佛真禅師筆。
寺宝
文殊普賢古書一幅。筆者詳ならず下同じ。
羅漢古書二幅。
古文書四通。一は天文16年大道寺駿河守盛昌が瑞光庵敷地の寄附状、二は同年北条氏が養龍軒、聴好庵敷地の寄附状、一は永禄9年大道寺資親が養龍軒寄附地の添状。(新編相模国風土記稿円覚寺項より)


如意庵所蔵の文化財

  • 宝冠釈迦如来坐像
  • 木造禅師像の頭部
  • 中興開山二十一世巨涵忍龍筆襖絵

如意庵の周辺図


大きな地図で見る