猫の足あとによる鎌倉市の寺院、神社など鎌倉市の寺社案内 猫の足あとによる鎌倉市の寺院、神社など鎌倉市の寺社案内
猫の足あと

甘縄神明神社。鎌倉市長谷の神社、旧村社

甘縄神明神社の概要

甘縄神明神社は、鎌倉市長谷にある神明神社です。甘縄神明神社の創建年代は、和銅3年(710)に行基が草創した寺院を起源とし、染屋太郎時忠が神明宮と神輿山円徳寺として建立したといいます。明治維新により神輿山甘縄院が廃寺したのに伴い、甘縄神明社となったといいます。明治6年村社に列格、明治20年には五社明神社を合併したといいます。

甘縄神明神社
甘縄神明神社の概要
社号 神明神社
祭神 天照大御神
相殿 -
境内社 五社明神、秋葉社
祭日 9月14日
住所 鎌倉市長谷1-12-1
備考 旧村社



甘縄神明神社の由緒

甘縄神明神社の創建年代は、和銅3年(710)に行基が草創した寺院を起源とし、染屋太郎時忠が神明宮と神輿山円徳寺として建立したといいます。明治維新により神輿山甘縄院が廃寺したのに伴い、甘縄神明社となったといいます。明治6年村社に列格、明治20年には五社明神社を合併したといいます。

神奈川県神社誌による甘縄神明神社の由緒

『相州鎌倉郡神輿山甘縄寺神明宮縁起略』(正徳二年一七一二銘)によれば、和銅三年(七一〇)八月行基の草創になり、染屋太郎時忠が山上に神明宮、麓に神輿山円徳寺を建立したことにはじまるという。また源頼義が当社に祈って八幡太郎義家を当地に生み、康平六年(一〇六三)当社を修復、義家も永保元年(一〇八一)に修復を加えたという。
『吾妻鏡』によれば、伊勢別宮として源頼朝が崇敬し、文治二年(一一八六)十月社殿を修理し、四面に荒垣及び鳥居を建て、また建久五年(一一九四)までに三度参詣している。夫人政子は二度、実朝も一度参詣している。
『相模風土記』には「神明宮、里俗甘縄明神と唱う」「別当臨済宗甘縄院」とある。
明治維新の神仏分離により、別当甘縄院は廃絶し神明宮は明治六年十二月村社に列格され、明治二十年五月、五社明神社を合併し、明治四十年四月神饌幣帛料供進神社に指定された。
昭和七年社号を甘縄神明神社と改称した。旧社殿は大正十二年の関東大贋災に倒潰し、現社殿は昭和十二年九月新築復興した。長谷区の氏神社である。(神奈川県神社誌より)


甘縄神明神社所蔵の文化財

  • 北条時宗産湯の井戸

甘縄神明神社の周辺図


大きな地図で見る