猫の足あとによる伊勢原市の寺院、神社など伊勢原市の寺社案内 猫の足あとによる伊勢原市の寺院、神社など伊勢原市の寺社案内
猫の足あと

十二柱神社。伊勢原市伊勢原の神社

十二柱神社の概要

十二柱神社は、伊勢原市伊勢原にある神社です。十二柱神社の創建年代は不詳ですが、古くより十二天宮、鎮守十二社と称し、田中村の鎮守社であったといいます。

十二柱神社
十二柱神社の概要
社号 十二柱神社
祭神 天御中主神、高皇産火神、神皇産火神、角織神、宇比地邇神、宇麻志葦彦神、大斗地神、面足神、天之底立神、国底立神、伊邪那岐神、伊邪那美神
相殿 -
境内社 -
祭日 -
住所 伊勢原市伊勢原3-27-27
備考 -



十二柱神社の由緒

十二柱神社の創建年代は不詳ですが、古くより十二天宮、鎮守十二社と称し、田中村の鎮守社であったといいます。

新編相模国風土記稿による十二柱神社の由緒

(田中村)十二天社
村の鎮守なり、祭礼六月廿三日、村持、下同
鐘楼。文政五年再鋳の鐘を掛く。
末社。
牛頭天王、地神。(新編相模国風土記稿より)

境内掲示による十二柱神社の由緒

古来十二天宮、又鎮守十二柱と称し、特に武門武将の厚き崇敬を受けた神社で、徳川時代公儀より免田(十二天面、御供免)を寄進され、年々初穂米を献ぜられ武運長久を祈った。嘉永年間(1848~1854)本殿以下拝殿幣殿の再建に当り、当地の地頭であった安藤・飯河の両所より御造営費を献じ武運長久を祈った。(境内掲示より)


十二柱神社の周辺図


大きな地図で見る